Home ユーチューバー #時給日本一ユーチューバー・ラファエル、“垢BAN”の裏側と「月収1億円」への野望 – 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

#時給日本一ユーチューバー・ラファエル、“垢BAN”の裏側と「月収1億円」への野望 – 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

12 second read
0
19

ラファエルさん

 真っ白な仮面にグレーのスウェット。あやしげな雰囲気を漂わすラファエルさんは、過激な内容の動画が人気で男性ファンも多いユーチューバーだ。先月末、チャンネル登録数が200万人以上もいるユーチューブのアカウントが運営側から削除され、話題になったばかり。損失額は数千万円にものぼるという。

 巷を騒がせた話題の人物に直撃してみた。

「#時給日本一ユーチューバー」たるゆえんは

「ユーチューバーになる前は自衛隊に入隊したり、一部上場企業でサラリーマンもしたりしていました。4年前にふとユーチューブのCMを見て、こんなつまらないやつが売れているなら僕のほうが勝てるな、と(笑)。そして、これはお金になるぞ! と思ったのがきっかけです」

 ネタは自分で考え、動画編集は外注するというスタイルで、今では国内人気ランキング35位に(取材時)。自身のインスタグラムにつくハッシュタグは「#時給日本一ユーチューバー」だ。

「ランキングは35位ですが、稼ぎだったら、かなりいいところをいっているほうだと勝手に思っています(笑)。

 僕はもともと有名になりたいわけではなく、ユーチューブをビジネスとして考えています。アカウントが閉鎖される前は、ユーチューブのほかにも事業を手がけているのですが、それと合わせて月収はだいたい4000万円を超えていて年収でいうと5億円くらいでした」

超都心の一等地にそびえる豪華なマンション。リビングの中央にはおしゃれな暖炉が。広すぎて部屋数は不明。

 動画に広告を入れることで、再生1回あたり約0・1円から0・3円の利益が出るといわれている。登録者数や再生回数に応じて金額が上がるシステムだ。

「僕の場合は再生回数だけでなく、商品を紹介するタイアップ動画が多かった。収入の割合は動画広告が半分、タイアップ案件が半分くらいでしょうか。ですが、僕の動画だと大手企業は、まずNG(笑)。普通の人気ユーチューバーなら入りやすいと思いますけど」

 その収入が水の泡になってしまった理由とは……。

“垢BAN”(ネットスラングでアカウント削除のこと)の理由は、僕の動画コンテンツがユーチューブのルールに違反していたから。僕はアダルトなコンテンツや、身体を張った危険なチャレンジものが多かったので……」

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

新型「iPad mini」「iPad Air」は何が変わった? 前機種との違いを速攻チェック – ITmedia

 米Appleが3月18日( … …