Home ブロガー 月収100万! 介護ブロガーはなぜ稼げるのか? – ガジェット通信

月収100万! 介護ブロガーはなぜ稼げるのか? – ガジェット通信

14 second read
0
58

会社に頼らず、自分の手で稼ぐ。先の見通せないアフターコロナ時代において、ビジネスマンにこれから求められる能力だ。「たんたん」こと深井竜次さんは、自身の介護士経験をいかして介護職専門のブログを開設し、アフィリエイトを中心に月収100万円の収入源を得たという。著書『月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方』も話題を呼ぶ、深井さんの「稼ぐ力」の秘密に迫った。

ブログは高校時代から書いていた

ーーブログは昔から書いていたのでしょうか?

ブログ自体は高校生の時から書いていました。最初は友人と遊んだこと、部活の出来事、趣味のカードゲームのことなど日記帳のような内容でしたね。

この雑記ブログを社会人になってからも続けて、生活の中での気づきや本の感想などを書いていくうち、毎月5万人に読まれるぐらいになっていました。当時もグーグルアドセンスやAmazonアソシエイトをつけていて、月に数万円ぐらいは収益が上がっていました。

そしてこのブログのドメインを引き継いで、2018年から本格的にアフィリイトブログをはじめました。以前に自分が使っていた、転職エージェントのアフィリエイトがあることを知って「紹介できれば収益になるのでは」と、ひらめいたのがキッカケです。

収益はすぐに伸びて、本格的にスタートして3か月後くらいには本業の介護士の収入を超えました。今はグーグルアドセンスやAmazonアソシエイトは使わず、ほぼアフィリエイト1本でやっています。


▲深井さんが運営するブログ「介護士働き方コム」

リアルな「悩み」にアンテナを張る

ーーそして現在では、ブログの月収が100万円にまでなったということですが、どんな点が強みとなって、その高収益につながっていると分析しますか?

自分自身収益が順調に上がった理由を分析してみると、競合のいないジャンルを選べたのが大きいと思っています。「介護士の働き方・転職」というジャンルで企業が運営するサイトはありましたが、現役の介護士が書いているものはなかったんです。

自分自身が介護士の仕事で悩みがあるときは、よくネットを検索していたのですが、企業じゃなくて現役で働いている人の情報が欲しいと感じていました。だったら自分で発信してしまえ、ということでブログをスタートしました。

記事のネタも、介護士のリアルな悩みから探します。ツイッターの検索窓に「介護士」という単語をポンと打ち込んで、気になるつぶやきを探したり、実際に現場に行って、介護士に話を聞きにいくこともしました。

そうして得た悩みに対して、転職をゴールにして記事を書いていきます。たとえば「職場の人間関係が悪い」という悩みがあれば「転職をすれば、今のつらい環境から抜け出せますよね」と提案をするのです。

ーーブログへの集客は何を意識していますか?

SEOはあまり考えていません。SEOはどうしてもグーグルアップデートの影響を受けやすいので。そこを意識するのではなく「この人の情報だったら信じられる」というポジションを取ることが大事かなと思っています。

そういった人が運営するサイトは、リピーターもつきやすいですし、一周回って検索の評価も上がる傾向があります。現在は記事を書くのは当然ですが、SNSに力を入れたり、こういったメディアに出ることを意識しています。今回本を出したのもその一環にありますね。


▲今年2月に上梓した初の著書『月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方』(KADOKAWA刊)

派遣社員で“豊かに暮らす”という選択

ーー本の中で興味深かったのが働き方の話です。介護士時代は正社員ではなく、あえて派遣社員を選んだそうですね。

介護士の仕事は体力勝負で、腰を壊してしまう方も多いです。収入も多くない中で、果たして定年までこの仕事がずっとできるのかと考えたときに、もう一つ選択肢を持とうと思いました。

そこでブログというパソコンを使った副業を始めたわけですが、副業するにあたって時間の調整がしやすい派遣の方が都合がよかったんです。

自分が介護士で派遣をしていたときは、出勤するのは1か月で8日だけ。その代わり出勤するときは夜勤で16時間働きます。その8日だけですが夜勤の方が給料も高いので、最低限生活するだけのお金は稼げていましたね。そして残った時間をすべてブログにあてるという生活をしていました。

派遣社員という選択肢は、友人に教えてもらったんです。友人といっても現在40代でかなり年上なのですが。A1理論というハンドルネームでブログを書いている方です。

彼は大学を卒業してからずっと派遣として働いていて、そのメリットをブログで発信しつつ、月に数万円で豊かに暮らしている。面白そうな生き方だなと思いました。それで3~4年前にコンタクトをとって、いろいろ教えてもらいました。今でもよく会う間柄です。

〇A1理論さんのブログ

A1理論はミニマリスト

A1理論はミニマリスト

ゲストハウスと下諏訪が好き。

そのとき話を聞いて、じゃあ自分も派遣社員として働き、生活費を必要最低限に抑えつつ、あとの時間をブログにあててみようと考えたのです。

生活費を抑えるというところは、ミニマリストの影響もあったかもしれません。佐々木典士さんの本『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(小社刊)も読んでいましたし。

そもそも派遣の介護士って、自分以外にも結構いるんですよ。周りにも1年のうち11か月頑張って働いて、その貯金であとの1か月は悠々自適に過ごすという人がいました。

昔からそういう働き方をしていた人は結構多いんですが、これまであまり情報として出ていなかっただけなんです。だから自分はそれを引っ張り出した感覚です。

「ブログ副業」は“アリ”なのか?

ーー最後に、これから副業を考えているサラリーマンにブログは“アリ”でしょうか?

自分はそこまでおススメできないですね。とくに今はグーグルアップデートの影響で、個人のブログがやりづらくなっていると感じます。世の中にはアフィリエイト以外のビジネスもたくさんありますから、あまりブログにこだわる必要はないのではないでしょうか。

ただ、なにか事業をするのであればブログはセットでやった方がいい。自分の事業をブースト(加速)させる道具になりますから。せどりをするにしろ、ライターをするにしろ、事業を発信して共感者を得ることができ、ブログ自体が名刺になります。

今はブログだけじゃなくてnoteとかもありますが、そういった媒体は一つ持ってみて損はないと思います。

ちなみにブログをやっていれば転職活動でも有利なはず。ブログで培われるライティング力とサイト運営能力は、これからどんなビジネスでも必須になってきます。評価できっとプラスになるでしょう。

ーーブログそのもので稼ぐのではなく、副業をするときにブログをセットで考えるイメージですね。本日はありがとうございました。

プロフィール


 
深井 竜次(ふかい りゅうじ)
1993年生まれ。たんたんの名で活動する介護士ブロガー。介護職の正規雇用の給料や勤務形態に疑問を持ち、派遣社員の道を選択。派遣の仕組みを有効活用しながら労働時間を減らし、介護職専門のブログサイトを立ち上げる。アフィリエイトブログを始めて約1年後にブログ収入100万円を突破。介護の現場に立ち続けながら、介護職のリアルな悩みや問題を合理的に解決へ導くブログを日々更新。その働き方や生き方が多くのWEBメディアに取り上げられ、話題となる。現在はフリーランスとして活動。

〇深井さんが運営する「介護士働き方コム」 

〈NewsCrunch編集部〉

関連記事リンク(外部サイト)

スマホが生んだ新たな監視社会で必死にペダルを漕ぐということ
チャンスをモノにする経営者は「大盛りカレーライスを二度喰らう」
プロレスラー✕ジム経営 “兼業”を大成功させた男の大胆戦略(前編)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ジープの80周年記念モデル登場! グレーがスタイリッシュでカッコいいゾ(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

2021年に、ジープブランドが、誕生から80周年を迎えるにあたり、すべてのモデルに特別仕様が設定されることにな … …