Home モデル 朝ドラ「おちょやん」のモデル、浪花千栄子さんの生涯は? – ハフポスト日本版

朝ドラ「おちょやん」のモデル、浪花千栄子さんの生涯は? – ハフポスト日本版

11 second read
0
64

11月30日に始まるNHK連続テレビ小説「おちょやん」。放送は、NHK総合・月〜土曜の午前8時から(土曜はその週の振り返り放送)など。

NHKが公開している番組紹介によると、大阪・南河内の貧しい家に生まれた少女・竹井千代(たけい・ちよ)が、奉公に出された道頓堀で芝居の世界に魅了され、俳優を志す物語。後に「喜劇界のプリンス」と結婚し、二人三脚で理想の喜劇を目指し奮闘していく…という物語だ。

竹井千代を演じるのは、俳優の杉咲花さんだ。

ドラマにモデルはいるのか?

NHK公式サイトには、「この物語は、『大阪のお母さん』として親しまれてきた、浪花千栄子さんの人生をモデルにしています」などと記されている。

物語のモデルとなった俳優・浪花千栄子(なにわ・ちえこ)さんの歩みとはーー?

浪花千栄子さんとは?

浪花さんは1907年、現在の大阪府富田林市に生まれた。

幼い頃に母を亡くし、学校にはほとんど通わせてもらえないまま、父の新しい妻に疎んじられ、10歳になる前には大阪の仕出し弁当屋で働かされていた。過酷な環境ながら8年も勤め続ける中で、仕事を通じて劇場に出入りし、芝居の魅力を知っていく。

その後も父親に翻弄されるも、自力で京都に逃げ出し、プロダクションの新人募集に応募したのをきっかけに、演技の世界へと飛び込んでいく。

所属先との不和、夫で喜劇俳優・脚本家の渋谷天外氏との離婚など、苦労を重ね続ける。

しかし、戦後のNHKラジオドラマ「アチャコ青春手帖」、「お父さんはお人好し」で人気を博し、“大阪のお母さん”として知られる存在になっていく。

映画では、「祇園囃子」(溝口健二監督)、「彼岸花」(小津安二郎監督)、「蜘蛛巣城」(黒澤明監督)、「夫婦善哉」(豊田四郎監督)など数多くの作品に出演し、NHK大河ドラマ「太閤記」では秀吉(緒形拳)の母役を演じた。

また、大塚製薬「オロナイン軟膏(なんこう)」の広告に起用されたことでも注目を集めた。浪花さんの本名は「南口キクノ(なんこう・きくの)」だった。 

1973年に、消化管出血のため66歳で亡くなった。

「おちょやん」とは?

番組タイトルの「おちょやん」は、“おちょぼさん”がなまった大阪ことばで、茶屋や料亭などで働く、小さい女中さんを意味するという

<参考資料>

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

2020-2021年に注目された輸入コンパクトモデル。期待されたニューモデルの進化に要注目(Webモーターマガジン) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

存在化を示したフランス生まれのニューフェイス 日本のインポートモデルマーケットで重要な割合を占めるドイツ車勢だ … …