Home モデル 木下優樹菜、“ヤンキーモデル”で復帰していた! 再デビューのワケをブランドに直撃(週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

木下優樹菜、“ヤンキーモデル”で復帰していた! 再デビューのワケをブランドに直撃(週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

4 min read
0
152

【写真】ヤンキーファッションの広告に登場! いかつすぎる木下優樹菜

 3月13日にアパレルブランド『GALFY(ガルフィー)』の「2021 Limited Collection」のモデルに起用された旨の投稿をしたのだ。

「可愛い犬のロゴデザインがヤンキー層にヒット。『GALFY』は’90年代に最盛期を迎えました。“ヤンキーが着ている犬の服”と言えば、見覚えのある方もいるのではないでしょうか。その後、新作の販売がストップしていた時期もあったのですが、3~4年ほど前に新たなデザイナーを迎え、復活しました。近年では世界的歌姫のアリアナ・グランデが着用したことも大きな話題になりましたね」(ファッション誌ライター)

 木下、そして『GALFY』のインスタアカウントはともに、同ブランドの衣装に身を包んだ彼女の画像をアップ、そのテキストには「ファッション的治安惡化推進會」「惡犬」なるおどろおどろしいコメントを添えている。さらには「#最強の一般人」というハッシュタグも。

/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZmargin-top:20px;
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.bKFEDnwidth:990px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgddisplay:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMcowidth:25%;padding:0 8px;
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGYdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .ickGY:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .ickGY::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;.exrhXLdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .exrhXL:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .exrhXL::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;.jhZTmadisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .jhZTma:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .jhZTma::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;.KjZLfdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .KjZLf:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .KjZLf::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYqdisplay:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpddisplay:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYPmargin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmqdisplay:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbIborder-left:1px #3c4147 solid;
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRIdisplay:block;padding:0 10px;color:#fff; .JliRI:hovercolor:#fff;
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdydbackground-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visitedcolor:#639; .gaFnxp:hovercolor:#cc3434;

フジモン とのデートを撮られたときも着用

「引退する前には500万人いた木下のフォロワーも、現在の新アカウントでは50万人ほどと、少しパワーダウンした感も否めません。ですが、すでにいくつかのネットニュース媒体がとりあげていますし、宣伝効果はフォロワー数以上のものがあるでしょう。購買層はヤンチャな人たちが多く、ブランド側のイメージダウンも少ないでしょう」(アパレル業界関係者)

 また、木下と『GALFY』には遠からぬ縁があって、

「まだ藤本さんと結婚する前、ふたりがコンビニに相合い傘で入っていくところを『FRIDAY』が報じています。そのときの木下さんのファッションが“ド派手なGALFYの真っ赤なジャージ”だったんです。そのインパクトが大きすぎたこともあってか、同誌ではしっかりブランド名も取り上げられていましたね。

 当時、ヤンキーキャラ全盛だったユッキーナさんはフジモンさんにも同じようなファッションをすることを求めていたとか。そういった過去も、今回の起用のきっかけになったのではないでしょうか」(週刊誌カメラマン)

 木下といえば、トラブルのあったタピオカ店のオーナーとはいまだに係争中である。タピオカ店のオーナーが和解金として1000万円を求めるなか、木下サイドは“100万円までしか出せない”と争っていることを『週刊女性』は報じている。裁判の様子は非公開だが、まだ決着したとの話も聞こえてこない。

「木下さんはインスタアカウントを新たに開設してから、ファンとのオンライン上での交流を呼びかけたりと、自分の支持者であるフォロワーとの距離感を確かめている様子でした」(芸能プロ関係者)

 そんな動きもあってか、最近ではビジネスにも前向きになっているそうで、

「最近ではインスタでも商品を宣伝するような投稿も見受けられるようになり、インフルエンサービジネスに舵をきった感はあります。藤本さんからも養育費は今も支払われているようですが、生活レベルはなかなか下げられませんからね。インスタのDMでオファーがきたとか。

『GALFY』の服に関しては、若いころは好んで購入していましたが、2011年ごろから部屋着としても着るのをやめていたそうです。そこからは専属モデルを勤めていた雑誌でも“ガーリー”な系統に舵をきるようになりました。同ブランドのモデルとして“ヤンキー系”キャラを復活させた背景には、“家族のためにも仕事を頑張る”という意思表示もあるのではないでしょうか」(同前)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

フォロワー26万人の美少女コスプレイヤー・紗愛「大事故だった初めてのコスプレ」 – マイナビニュース

キュートなルックスとセクシーなコスプレ写真でSNSを中心に人気を博す、Twitterのフォロワー数が23万人超 … …