Home モデル 木下優樹菜、専属モデル時代の苦悩告白 救われた夫・フジモンの言葉とは?

木下優樹菜、専属モデル時代の苦悩告白 救われた夫・フジモンの言葉とは?

12 second read
0
11



【木下優樹菜/モデルプレス=5月5日】モデルの木下優樹菜が4日放送の日本テレビ系バラエティー番組「アナザースカイ」(毎週金曜よる11時~)に出演。モデルの仕事に悩みを抱えていた時期に支えてくれた夫・藤本敏史の言葉を明かした。

藤本敏史、木下優樹菜 (C)モデルプレス

木下優樹菜「一番壁にぶち当たった」専属モデル時代の悩みを告白

木下は2007年に水着のイメージガールとして芸能界デビュー、その後、クイズ番組に抜擢されると天真爛漫な親近感のあるキャラクターで人気を博し、バラエティー番組で活躍した。「友達みたいな感じに思われるようなキャラクターが優樹菜らしさだったのかなって思う」と当時の自身を分析した木下だが、一方で「雑誌の専属モデルになった時に、一番壁にぶち当たったことがある」という。

木下優樹菜 (C)モデルプレス
木下優樹菜 (C)モデルプレス

2008年から2012年にかけて雑誌「PINKY」や「ViVi」で専属モデルをつとめた木下だが、「モデル業だと親近感というよりは逆だから、憧れられる存在じゃなきゃいけないから、自分でその切り替えがよく分かんなくて。なおかつめっちゃバラエティーが忙しい時期だったから、収録の間とかで(撮影に)行ったりとか。やるならとことんやりたいタイプなのに、モデル業を上手くできていない自分の不器用さにもずっとイライラしてて」と当時の心境を回顧。「あの時の自分の写真は一切見たくない」と今でも思っていることを明かした。

支えてくれたフジモンに感謝 木下を救ったフジモンの言葉とは?

木下優樹菜 (C)モデルプレス
木下優樹菜 (C)モデルプレス

そんな辛い時期に支えてくれたのが、現在の夫・藤本。仕事から帰宅して、藤本の顔を見た瞬間に涙を流したり、「楽しくない」「もう本当に辞めたい」と藤本に漏らしていたという木下だが、藤本の言葉に救われたそう。

木下は「その当時、みんな全然悪くないのにみんな普通じゃないって。『なんであんなに若いのに超エステ行ってんの』とかワケわからなくて。でもそこで『自分が普通だと思ってたら無理だよ。逆にこの世界は自分が異常だと思った方がいいよ』って言われた」と藤本の言葉を振り返り、「その時あんまり深い意味がわからなかったけどそれに救われたりして、支えられたなって思う」と笑顔を見せた。

「もう一回専属モデルを」夢を明かす

藤本敏史 (C)モデルプレス
藤本敏史 (C)モデルプレス

そして、木下は「今一番楽しい。仕事もプライベートも育児も今一番最高」と藤本と結婚、2児の母となった現在を語り、「人生のリベンジじゃないけど、もう一回絶対専属モデルをやりたいと思ってる」と夢を明かした。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

モデル・福岡みもれ 新写真集は跡がつくほどおっぱいを鷲掴み?

「スペリオール … …