Home モデル 本当に日産ノート? まるで別人なイケメンに! 新旧モデルは何が変わった? – くるまのニュース

本当に日産ノート? まるで別人なイケメンに! 新旧モデルは何が変わった? – くるまのニュース

18 second read
0
56

日産は、2020年11月24日に新型「ノート」を発表しました。3代目となる新型モデルは、従来モデルと比べてどこが進化したのでしょうか。

新型ノートが大進化! 新旧モデルはどう違う?

 日産の主力コンパクトカー「ノート」の新型モデルが2020年11月24日に発表されました。

 3代目となる新型モデルですが、従来モデルとはまったく違うクルマに進化しています。そこで、新旧モデルでどう変わったか、両車を比較してみます。

左:従来型ノート/右:新型ノート

 初代ノートは2005年に登場。コンパクトなボディに1.5リッターエンジンを搭載し、キビキビとした爽快で快適な走りが魅力でした。

 2012年には2代目へとフルモデルチェンジ。躍動感のあるダイナミックな外観デザインと上質な室内を実現し、発売当初は1.2リッターエンジンへとダウンサイジングするとともに、国産車では珍しいスーパーチャージャーを搭載したモデルもラインナップ。

 そして2016年の大幅改良では、デザインを変更するとともに電動パワートレインの「e-POWER」を追加。同モデルは約11か月で10万台を販売するなど、大ヒットモデルとなりました。

 新型モデルのボディサイズは、全長4045mm×全幅1695mm×全高1505mm-1520mmと、従来モデルの全長4100mm×全幅1695mm×全高1525mmに比べて全長は55mm短くなり、よりコンパクトになっています。

 デザインは、従来モデルにおいてもVモーショングリルやシャープなヘッドランプ、ブーメラン型のリアコンビネーションランプを備え、当時の最新の日産デザインを実現していましたが、新型モデルではコンパクトカーの常識を超えたデザインに進化しました。

 フロントのデザインは、グリルと一体化した薄型のヘッドランプを採用。オプションで4連LEDプロジェクターヘッドランプを選択することも可能です。

 さらに、Vモーショングリルはさらに進化し、新型のVモーションクロームといった新たな日産のデザインランゲージを取り入れるとともに、グリル内部に日本の伝統工芸である組子からインスパイアされたパターンをあしらいました。

 リアは、水平に広がる横一文字の特徴的なシグネチャーのリアコンビランプを採用。コンパクトながら存在感のあるデザインとなり、全体的に2020年7月に世界初公開されたSUVタイプのEV「アリア」と一貫性を持った先進的なスタイルに刷新されます。

 また、国内市場初となる、日産の新しいロゴマークも装着されました。

 内装は、スッキリとしたスタイリッシュなデザインへと一新されます。

 従来モデルではディスプレイが埋め込みタイプでしたが、新型モデルでは9インチの大型センターディスプレイ(「Xグレード」にオプション設定)と一体化したメーターを装備し、先進性と使いやすさを兼ね備えたデザインとしました。

 また、従来モデルでは円形だったエアコンの操作ボタンは、左右にダイヤルを備えたシンプルな形状へ変更。さらに、e-POWER搭載車では丸型だったシフトノブが、四角いシンプルなものへと一新されました。エアコン吹き出し口も、丸形から長方形へ変更されています。

 新型モデルの後席は、リクライニング機能を備え、ニールーム、ヘッドルームともに、クラストップのゆったりとしたスペースを確保。

 荷室も広い開口部と荷室幅を確保したことで、ストレスなく荷物を収納することが可能です。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

綾瀬はるか、ホリプロの公式インスタグラムに登場 – ニッカンスポーツ

大手芸能事務所ホリプロの公式インスタグラムのアカウント「ホリプロActor」に初登場した綾瀬はるか 女優綾瀬は … …