Home モデル 東海道新幹線 フルモデルチェンジ「N700S」デビュー – NHK NEWS WEB

東海道新幹線 フルモデルチェンジ「N700S」デビュー – NHK NEWS WEB

6 second read
0
9

13年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型の東海道新幹線「N700S」は現在の車両とどう違うのか、まとめました。

まずは外観です。現在の「N700A」と比べると一見、これまでと変わらない感じがしますが、先頭部分は若干、左右にエッジを立てた形状になっています。「デュアルスプリームウィング形」という形状が採用されていて、これまでより騒音や揺れを低減させているといいます。

また、ヘッドライトには東海道新幹線としては初めて「LEDライト」が採用されています。車体の横には金色で「N700S」の文字や、「S」をイメージした青色のラインが描かれています。

走行の基本性能も進化しています。営業最高速度は時速285キロとこれまでと変わりませんが、試験走行では時速360キロを超えるスピードを記録しています。ブレーキシステムも改良され、地震発生時のブレーキ距離は「N700A」よりも5%短縮されました。

また自然災害などで停電しても自力で走行できるバッテリーを搭載していて、停電でいったん止まっても避難しやすい場所まで簡単に移動することができます。

一方、車内の環境も大幅に改善されました。これまで窓際の席にしか無かったコンセントがすべての座席のひじ掛けに取り付けられたほか、リクライニング機能はより快適な座り心地を追求した結果、背もたれに連動して座面が数センチ沈み込むようになっています。

また車内表示は、LEDからより精細な液晶ディスプレーに変更され画面の大きさも1.5倍になり、より見やすくなりました。

さらに荷物を載せる荷だなには置き忘れ防止のための照明システムが導入され、車内トイレも最大で20%ほど広くなるなど利便性や快適性が向上しています。

セキュリティー対策も強化され、防犯カメラは車両の両端だけだったのが天井部分にも設置され、1両当たり6台に増設されました。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

<新宿アニソンスコープ>「バンドリ!」Poppin'Partyの2ndアルバムが首位 田村ゆかりの1年ぶりアルバムも(MANTANWEB) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

 ◇先週の結果  首位を獲得した「Poppin’Party」のアルバム「Breakthrough!」は、201 … …