Home その他 楽待公式YouTubeチャンネル、登録者数15万人突破! – 楽待

楽待公式YouTubeチャンネル、登録者数15万人突破! – 楽待

12 second read
0
15

不動産投資にまつわるコンテンツを提供している、楽待公式YouTubeチャンネル「不動産投資の楽待[RAKUMACHI]」。この度、不動産投資に特化したチャンネルで登録者数がナンバーワンとなりました。

YouTubeで「不動産投資」と検索し、検索フィルタのタイプを「チャンネル」、並べ替えを「視聴回数」とする。表示された上位30チャンネルから、現在公開されている動画の50%以上が不動産投資関連だったチャンネルを対象にランキングを作成(登録者数は2020年10月14日時点)

2017年9月から本格的に動画投稿を始め、2020年3月にチャンネル登録者数10万人を突破。2020年10月14日には、チャンネル登録者数が15万人を超え、不動産投資家を中心に多くの方にご覧いただいています。

2018年7月に公開した【孤独死の現場、「特殊清掃員」に密着取材】の動画は、現在までに360万回以上再生され、楽待の公式YouTubeチャンネルが飛躍するきっかけとなる動画になりました。

これまで200本以上の動画を制作・公開してきましたが、不動産投資のありのままを視聴者のみなさまにわかりやすくお伝えできるよう工夫しています。今回はその200本以上の動画の中から、楽待編集部が初心者にぜひ見てほしい動画3本をご紹介します。

「不動産投資の楽待[RAKUMACHI]」 注目動画

1.【ぶん殴ってやりたい…】「滞納盗電男」vs.「お人よし大家さん」
(2019年10月23日公開)

12年ほど前に不動産投資を始めたというオーナーの飯野さん。現在は専業大家で、関東を中心にアパートや戸建てを所有し、年間家賃収入は2400万円ほどです。

普段は温厚な飯野さんが「ぶん殴ってやりたい」と激怒したのが、9カ月にわたって家賃滞納をはじめ数々のトラブルを起こしているという20代前半の男性入居者。

物件や裁判所を何度も行き来して、問題解決のために粘り強く滞納者と向き合う飯野さん。保証会社の加入や入居審査の重要性を実感するとともに、自主管理の大変さや問題のある入居者の対応について、改めて考えさせられる動画です。

2.危険な擁壁を見極める、「買ってはいけない」擁壁のある物件とは?
(2020年7月15日公開)

擁壁の上にある物件や擁壁が近くにある物件は、購入を見送るという投資家の方も多いのではないでしょうか。

こちらの動画では、一級建築士の大川照夫さんが、高さ4メートルほどの擁壁の上に建つ物件を見学。買ってはいけない擁壁のある物件や危険な擁壁の見極め方など、投資家が最低限知っておきたい知識を解説しています。

3.いくら儲かる?コインパーキング投資の裏側
(2020年2月21日公開)

アパートやマンション以外の物件オーナーに楽待スタッフが直撃し、初期投資額や年間の収支額などに迫る連載動画。こちらの動画では、街でよく見かける「コインパーキング」を取り上げています。

一体どのくらい儲かるのか、コインパーキングに適した場所はどこか、初期費用はいくらかかるのかなど、みなさんが気になるコインパーキング投資の実態に迫りました。

楽待が運営するYoutubeチャンネル「不動産投資の楽待[RAKUMACHI]」では、これからも不動産投資についてさまざまな角度からお伝えしていきたいと思います。引き続き応援をよろしくお願いいたします。また、「他にもこんな動画が見たい!」というご要望がありましたら、ぜひコメント欄に投稿をお願いします。

⇒チャンネル登録はこちらをクリック

(楽待広報部)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

前澤友作氏が一千万人超のフォロワーに新事業の提案「みんなで会社作りませんか?」 – エキサイトニュース – エキサイトニュース

〝お金配りおじさん〟こと「ZOZO」創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が24日、自身のツイッターを更新。 … …