Home モデル 樋之津さん「モデルに全力」 岡山市出身 メンノンでグランプリ:山陽新聞デジタル|さんデジ – 山陽新聞

樋之津さん「モデルに全力」 岡山市出身 メンノンでグランプリ:山陽新聞デジタル|さんデジ – 山陽新聞

8 second read
0
47



グランプリを受賞し、モデル活動への意気込みを語る樋之津さん=東京都内


<!–

成望ちゃんの誕生を喜ぶ裕子さんと陽希ちゃん

–>

 若手俳優の登竜門ともいわれる男性ファッション誌「メンズノンノ」の本年度モデルオーディションで、岡山市出身の樋之津琳太郎さん(21)がグランプリを受賞した。憧れの世界へ一歩を踏み出した大学生は「まずはモデルとして経験を積みたい」と地に足を着けた活躍を誓う。

 181センチ、65キロのすらりとした体形に、目鼻立ちのくっきりとしたルックス。子どもの頃からモデルや俳優を漠然と夢見ながら、岡山市立京山中、朝日高時代は野球一筋で、芸能界とは全く無縁だった。

 新型コロナウイルス下の自粛生活が転機となった。「やりたいことを見つめ直す時間だった。挑戦せずに後悔したくなかった」。6月、かねて気になっていたオーディションに申し込んだ。3千人を超す応募者からカメラテストや編集部による面接、読者投票を経て今月上旬に頂点に立った。

 グランプリ決定の瞬間を振り返り「うれしさと驚きで、ふわふわした感覚だった」と笑顔を見せる。「モデルの振る舞いが分からず、街中での撮影に緊張した」と言う初仕事を終え、12月9日発売予定の2021年1月号で誌面デビューする。

 メンズノンノの歴代モデルには阿部寛さんや谷原章介さん、坂口健太郎さんら人気俳優が名を連ね、2年前のグランプリ・鈴鹿央士さん(岡山市出身)もドラマに、映画にと活躍の場を広げている。

 東京都内の大学に在学中の樋之津さんは、16年にグランプリを獲得し、俳優としても活動する中川大輔さんを目標に掲げる。ただ「今は先を考えず、目の前のモデルの仕事に全力で取り組む。撮影現場で先輩モデルから吸収したい」と謙虚に語る。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

綾瀬はるか、ホリプロの公式インスタグラムに登場 – ニッカンスポーツ

大手芸能事務所ホリプロの公式インスタグラムのアカウント「ホリプロActor」に初登場した綾瀬はるか 女優綾瀬は … …