Home モデル 次世代のエコノミー座席、試作モデルを公開 欧州エアバス向け – CNN.co.jp

次世代のエコノミー座席、試作モデルを公開 欧州エアバス向け – CNN.co.jp

7 second read
0
32

(CNN) 欧州航空大手エアバスの旅客機向けに、軽くて多機能なエコノミークラスの座席が開発され、試作モデルが公開された。

「Move」と名付けられたこのモデルは、英国のデザイン会社レイヤーがエアバスと提携して開発。短距離から中距離のフライトを想定し、乗客の乗り心地を考慮してデザインした。

高機能繊維の素材で作られ、センサーが内蔵されている。乗客はスマートフォン上のアプリを使って、座席の温度や硬さを自由に調整できる。起きる時間や脚のストレッチ、水分補給などのタイミングも知らせてくれる。

赤と青のスタイリッシュな外観も特徴だ。ノートパソコンやタブレットが入るポケットには、置き忘れを防ぐため圧力を感知する生地が使われている。

背もたれの角度は変えられないが、マッサージなどのモードを設定することができる。

軽量なので機体の重量を抑え、燃費を向上させる効果が期待できる。

レイヤーの創業者、ベンジャミン・ヒューバート氏は「フライトの新たなコンセプトといえば、ビジネスクラスの技術革新に着目するケースが多い」と指摘。これに対してMoveは、乗客と航空会社の両方にとってより良いエコノミークラスを提供するプロジェクトだと強調した。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

トランプ氏、ツイッターCEOにフォロワー減の不満伝える=関係筋 – ロイター (Reuters.co.jp)

 4月23日、トランプ米大統領は、ホワイトハウスでツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)と会談した。20 … …