Home モデル 次期トヨタ86のデザイン完全判明! フルモデルチェンジはズバリ2021年3月! – ベストカーWeb

次期トヨタ86のデザイン完全判明! フルモデルチェンジはズバリ2021年3月! – ベストカーWeb

52 second read
0
61


 トヨタとスバルのコラボレーションによって生まれたトヨタ86&BRZのデビューから8年、ついに次期型86のデザインをベストカーが入手した!

 さらにデビュー時期も当初、2020年秋とされていたが、2021年3月になるということも判明。

 さて、次期86&BRZはどんなモデルになるのか、ベストカーが総力を挙げて入手した情報をすべてお伝えしていこう。

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部 トヨタ
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年6月26日号

【画像ギャラリー】デザインが判明した新型86の詳細と現行86の変遷を写真でチェック!


2020年7月にBRZは受注を終了する


2020年3月12日に発表された限定86台の特別仕様車、86ブラックリミテッド

すでに2020年7月20日をもって現行BRZの受注が終了する

 これまで「2020年秋」と伝えられてきた86/BRZのフルモデルチェンジだが、BCスクープ班は、「2021年3月のフルモデルチェンジ」の情報とともに、最終デザインをつかんだ。

 新型86のエクステリアは、低いボンネットフード、ショート&ハイデッキのリアスタイルなど、基本的には現行型のイメージを色濃く踏襲する正統派2ドアスポーツクーペのフォルムとなっている。

 ヘッドライト回りの造形や、バンパーグリルのデザインなどでフロントマスクの印象は新しさを感じる。

 フロント以上に印象が一新されるのがリアスタイルで、特にダックテール形状のトランクリッドはリアスタイルの存在感を大きく変えている。

 いうまでもないがトヨタ86とスバルBRZは両社の提携を背景に、共同開発により誕生したクルマである。

 スバルのもつ水平対向エンジン、縦置き後輪駆動に適したプラットフームを活かして、トヨタが企画を主導しながら両社の技術を結集して開発され、2012年2月2日に発表、4月6日に発売された。

 なかなか次期モデルの情報がつかめないこともあり、一時期は「86/BRZは一代限り」との情報もあったが、2019年9月27日に発表された両社の資本提携強化に関するリリースのなかで「次期モデルの共同開発」が明言され、その存在が正式に表明されている。

 水面下ではエグゼクティブプロジェクトゼネラルマネージャーの阿部一博氏が主導して新型86&BRZの開発を進行中という話を聞いていたのだが、それが改めて証明された格好となった。

 2020年4月上旬、東京スバルは「BRZの7月受注終了」を明らかにした。これに関してスバル本社も認めており、2020年7月20日をもってBRZの受注は終了する。

 一方、トヨタは86に関する動向を明らかにはしていないが、2020年3月12日に86台限定の「ブラックリミテッド」を発表。

 これはAE86型トレノの最終特別モデル「ブラックリミテッド」を起想させるモデルで、事実上のファイナルエディションではないかとみられている。

 そう、今まさに86/BRZに関する動きは急展開の真っただ中なのだ。

次期86のデザイン完全判明!


ボディサイズは全長4520mm、全幅1780mm、全高1315mmは現行型とほぼ同じだという。フロントマスクはヘッドライトの形状やバンパーグリルのデザインで印象を変えている(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 そしてBCスクープ班がつかんだ内外装の最終デザイン。いよいよ「次期型86/BRZ」がデビューに向けたカウントダウンに入ったことを実感させられる。その詳細に迫っていこう。

 新型86/BRZ、基本プラットフォームは現行型のキャリーオーバーといわれているが、当然ながらスバルの新型プラットフォーム「SGP」の知見が随所に生かされ、低重心、軽量、高剛性で、ここにこれまでの86/BRZからフィードバックされたシャシーチューニングが盛り込まれる。

 ホイールベースは現行型同様の2570mmで、フロント/ストラット、リア/ダブルウィッシュボーンのサス形式も同じ。全長4250mm、全幅1780mm、全高1315mmのボディサイズもほぼ現行型と同サイズだ。


2012年4月に発売されたデビュー当時のトヨタ86。ボディサイズは全長4240×全幅1775×全高1320mm、車重は6速MTが1250kg、6速ATが1270kg

リアスタイルはハイデッキのトランクリッドのテールが跳ね上がったダックテール形状で、後姿が印象的な新型86/BRZ。リアコンビの形状も大きく変わる(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 スバルが積極的に推進する「2030年までに交通死亡事故ゼロ」に向けて、アイサイトの搭載は急務。

 いち早く現行型BRZを販売終了するのも、アイサイト非搭載が一因との証言もある。

 当然、次期型BRZにはアイサイトが搭載され、86にも同様のシステムが採用されることとなる。  

エンジンは2LのFA20型から2.4LのFA24型へ


水平対向4気筒に変わりはないが、2.4Lへと排気量アップ。これにより最大トルクは21.6kgmから24.5kgmへアップされるとともに、中速域のトルクが増し、ATとのマッチングが向上する(写真は現行モデル)

 エンジンは現在の2L(FA20型、6MTは207ps/20.9kgm)から排気量アップされた2.4L水平対向4気筒「FA24」を搭載する。

 北米で販売されているアセントやレガシィに搭載されているのはFA24型水平対向4気筒ターボだが、新型86&BRZはターボではなくNAで、最高出力は220ps程度になる見込み。

 21.6kgm(6MT)の最大トルクは24.5kgm程度となり、発生回転は現在の6400rpmから5500rpm付近に引き下げられ、より中速域でのトルクを増大させる。

 これはATとのマッチングをより高めるためで、北米マーケットでのAT需要とともに、アイサイト搭載に向けた狙いもある。

 もちろん6速MTモデルも設定されるが、ATでのスポーティな走りも新型86/BRZの魅力となる。

 新型86&BRZの発売は2021年3月を予定している。期待して待っていよう!


パッケージングを見る限り、操る楽しさが味わえるFRスペシャルティクーペとしての性格は継承されるようだ

インテリアはセンターコンソールのダイヤルなど、現行モデルの印象を残しながらも、モニター画面などのサイズは大型化され、デザインも洗練される(CGイラストはベストカーが製作したもの)

【画像ギャラリー】デザインが判明した新型86の詳細と現行86の変遷を写真でチェック!

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「レンジローバー スポーツ」の2021年モデル受注開始 直6ディーゼルのマイルドハイブリッド仕様も 【ニュース】 – webCG

ランドローバー・レンジローバー スポーツ(2021年モデル) 拡大 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは202 … …