Home モデル 次期BMW・X5のハイパフォーマンスモデル「X5M」は、最高出力600ps・0-100km/h3.9秒の俊足を発揮

次期BMW・X5のハイパフォーマンスモデル「X5M」は、最高出力600ps・0-100km/h3.9秒の俊足を発揮

20 second read
0
65

BMWが現在開発を進めるミドルクラス・クロスオーバーSUV「X5」新型に設定される、ハイパフォーマンスモデルモデル「X5M」市販型プロトタイプを、カメラが捉えました。

新型には「7シリーズ」や「5シリーズ」から流用される「CLAR」プラットフォームを採用し、大幅な軽量化と剛性アップを実現。最新レポートでは現行モデル比300kgの減量とも書かれています。

パワートレインは「M5」と共有する4.4リットルV型8気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載し、最高出力600ps・最大トルク750Nmのパフォーマンスを発揮するといいます。また軽量化と新エンジンにより0-100km/hは3.9秒の優れたパフォーマンスを魅せると伝えられています。

捉えた開発車両は、ヘッドライトを光らせ、まるで野獣のような迫力です。BMWの次世代SUV専用、巨大キドニーグリルが採用されています。またハイパフォーマンスモデルらしく、大径でハニカムメッシュ・エアインテークやクワッドエキゾーストパイプ、Mブレーキキャリパー、クロスドリル・ブレーキディスクローター、より長いルーフスポイラーなどを装備していることが見て取れます。

ワールドプレミアは、ベースモデルが9月と噂されており、「M」モデルは早くとも2018年終わり、遅れれば2019年3月のジュネーブモーターショーになるかも知れません。

(APOLLO)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

等身大の障害女性 恋やおしゃれ、無料誌発信 記事契機にCM出演も

 障害や難病を … …