Home その他 死後、フォロワーへ遺言を自動ツイート『desubot』 現役学生が開発「死を意識することでより良く生きられる」(KAI-YOU.net) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

死後、フォロワーへ遺言を自動ツイート『desubot』 現役学生が開発「死を意識することでより良く生きられる」(KAI-YOU.net) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

18 second read
0
120

【画像】安否確認はDMで

たぶんほとんどの人が「NO」じゃないかと。

どうすべきかと考えてみてもわからない。そんなときの選択肢の1つになりそうなのが遺言つぶやきシステム「desubot」です。

学生クリエイター・nwsaさんが開発し、1年ごとに送られてくるダイレクトメッセージに応答がなかった場合、予め設定した遺言をツイートするという仕組み。

nwsaさんがTwitter上で開発した旨を報告すると多くの反響が寄せられ、現在実装を準備中。3月中旬頃をめどにリリースされることになりました。

自動で遺言ツイート「desubot」で最後の挨拶

毎年送られてくるダイレクトメッセージに応答をしない場合、あらかじめ設定した遺言をツイートしてくれる──Twitterで発表したところ「実装はいつですか?」をはじめ、リプライが殺到。

一方で、「Twitterを放置していたら死亡扱いになってしまう」「めんどうになって遺言をツイートしてしまいそう」といった反応も寄せられています。

自分の死後といまをつなぐシステムを開発したのは、学生クリエイターのnwsaさん。ともすればタブーとされてしまう「死」を扱うシステムはなぜ生まれたのか。

遺言botはなぜ生まれたのか?

現在は『Minecraft』で、友人たちと東京ディズニーリゾートを再現するチームとして5年ほど活動しているようですが、「desubot」が生まれた経緯は何だったのか?

「いままでの自堕落な生活を振り返りながら、最期に後悔することがないように生きたい、と思うようになりました」

高校卒業までの1ヶ月間、将来についてぼーっと考えていたnwsaさんはそんな思いを抱くようになったと言います。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ジャガー、「XE」2021年モデル 204PS/430NmのMHEV2.0リッターディーゼルをラインアップ – Car Watch

「XE」2021年モデル  ジャガー(ジャガー・ランドローバー・ジャパン)は5月11日、スポーツ・サルーン「X … …