Home その他 殺処分が迫る猫や犬、発信すると減るフォロワー それでも松島花さんが発信し続ける理由(sippo) – Yahoo!ニュース

殺処分が迫る猫や犬、発信すると減るフォロワー それでも松島花さんが発信し続ける理由(sippo) – Yahoo!ニュース

18 second read
0
99

「命の期限」について

 今日は、うちの“ごろりん・ゴメズ・フェスター”たちにも…もしかしたら訪れていたかもしれない“殺処分”、「命の期限」についてお話ししたいと思います。

 私は自分のオフィシャルインスタグラム (@hana_matsushima_official) とは別に、もう1つ保護猫と保護犬のためのアカウント(@hana_matsushima_animal) を昨年4月18日に作りました。

 そのアカウントでは度々「命の期限」、つまり期限が来ると殺処分になってしまう猫や犬の情報をリポストして、フォロワーの皆さんに情報拡散のお手伝いをお願いしています。

 “殺処分”とても怖い言葉ですよね。

 この言葉を見るだけでも辛くなりますよね。

 ましてや、期限が来たら殺処分されてしまう猫や犬の画像なんて…正直、見られない!見たくない!と言う方のほうが多いと思います。

 そこに写っている大多数の猫や犬はおびえていたり、怖がっている表情をしています。それを直視できない方の気持ちは、私にも十分わかります。私もそんな時期があったからです。

「つらい」から「助けないと」へ気持ちが変化

 私も保健所で殺処分を迎える子たちがいる事は知っていました。

 でも家にも猫がいるし、どうにもしてあげられない!とか…

 保健所に行ってもそんな1匹だけなんて選べない!とか…

 そういうことを思っていましたが、結局本当はそうじゃないんです。そういうかわいそうな子を見ると自分が辛くなるから、見ないようにしていたのだと思います。

 そういう時期を経て、でもやっぱり改めて年間の猫や犬の殺処分数を知った時「こんな自分の気持ちなんてどうでもいい!目の前の子を助けないと!」という気持ちにいつしか変わっていきました。

 そういう事から、昨年保護猫・保護犬のために何かをしようと始めたInstagramの中で「命の期限」ということで、情報拡散を募るリポストを始めることにしました。

【関連記事】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

アルファ・ロメオ・トナーレ フィアット・チェントヴェンティ 次代を担うコンセプトモデル 前編 – ニュース – http://www.autocar.jp/

もくじ ーオリビエの悩みー手ごろなEV すべてがオプションーマルキオンネのくびきー永遠の謎 オリビエの悩み フ … …