Home その他 水溜りボンドも慕うコンビYouTuber=おるたなChannel 注目は正反対な二人のキャラと企画力

水溜りボンドも慕うコンビYouTuber=おるたなChannel 注目は正反対な二人のキャラと企画力

14 second read
0
56

 ここ数年ですっかり若者の間に浸透したYouTuber。とりわけチャンネル登録者数100万人を超えるトップクリエイターたちの人気は凄まじく、それぞれの強みを生かしながら日々、動画を投稿している。

おるたなChannel

 コンビYouTuber・おるたなChannelもそんなトップクリエイターの1組。大学のお笑いサークルで出会った、ないとーと渋谷ジャパンは、卒業後お互い就職するも「何か表現したい」という思いからYouTuberとしての活動を始めた。

 彼らのようにコンビで活動するYouTuberは、慣れ親しんだ掛け合いで個性を出しやすいのが強みだ。コンビごとに様々な空気感を持つが、おるたなChannelは対照的な2人のやりとりに独特の色が伺える。

【演技】クサすぎるセリフ王決定戦!!!【学校編】

 顔芸や一発ギャグなど、瞬発力のあるボケを得意とする、お調子者で“ナルシスト”のないとー。特に「クサすぎるセリフ王決定戦」や「女性YouTuberとデートしてモテるのはどっち??」などといった企画では、ないとーのキャラクターが上手く生かされていた。しかし「巨大な謎の箱が届いたんだけど。。。中身まじやベぇ。。」では、予想外な箱の中身に素直に驚く姿や視聴者に感謝の気持ちを述べるなど、真面目な一面を見ることができる。ふとした素の姿に感じるギャップも彼の魅力の一つだ。

巨大な謎の箱が届いたんだけど。。。中身まじやベぇ。。

 一方、落ち着いた性格で見た目も優しそうな渋谷ジャパン。一歩引いた立ち位置から、ないとーのハチャメチャなボケに冷静にツッコミを入れる姿を動画の随所で見ることができる。また、みきぽんやくまみきといった女性YouTuberにトレードマークの体毛をブラジリアンワックスを使い抜いてもらったり、「ラファオワチャンネル」に出演した際「僕はエロいんです」と発言するなど、意外すぎる一面を見せ、視聴者を笑わせることも少なくない。彼の一筋縄ではいかないキャラクターもまた、多くのファンを魅了しているのだろう。

【炎上禁止】女性関係について

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

Instagramのために服を買い撮影後に返品するケースが続出、10人に1人は「SNS目的」

by Artem Bali 10人に1人がӎ … …