Home モデル 注目クラブ目白押しの今秋モデルを比較! 新作ドライバーのマトリックス図を大公開(1/2) – ゴルフダイジェスト・オンライン

注目クラブ目白押しの今秋モデルを比較! 新作ドライバーのマトリックス図を大公開(1/2) – ゴルフダイジェスト・オンライン

14 second read
0
40

2020年秋の新作ドライバーが出そろってきた。今回は、話題のピン「G425 シリーズ」や、松山英樹が使用する住友ゴム工業の「スリクソン ZX シリーズ」など8社15本のヘッド性能を調査。レッスンスクール「ゴルフテック」三田貴史コーチが作成したマトリックス図とともに、今秋モデルの傾向を紹介する。(※可変ウェイトモデルはニュートラルの状態に設定)

最新モデルの性能は2タイプに集中

縦軸は「バックスピン量」で、上に行くほどスピン量が多くなり、下に行くほど少なくなる。横軸は「球のつかまり」で、左に行くほどつかまりが良く、右に行くほど抑えられた性能となる。比較の参考として、GDOゴルフショップで2019年の販売数トップだったピン「G410 プラス ドライバー」と、20年上半期トップのテーラーメイド「SIM MAX ドライバー」の2モデルも加えた。

図が示す通り、この秋の傾向として(1)つかまり具合がニュートラル=フェース上の重心位置がセンターに近いモデルと、(2)左上のつかまりがよく、バックスピン量が多いモデルに集中していることが分かる。

(1)の傾向について、三田コーチは「昨年の人気クラブだったピン『G410』の影響もあるかも知れません。『G410』は高い慣性モーメント(以下MOI)が特徴的なクラブですが、国内メーカーを中心に、MOIが高いモデルが増えました」と指摘する。

MOIが高いヘッドは重心距離(シャフト軸線から重心までの距離)が長く、フェース上の重心点がセンターに寄る設計となるため、ニュートラルなつかまりに近づく。「どのクラブも高MOI設計でミスに強く、“曲がらない”性能になってきた印象です」という。

一方で、(2)の左上に位置するクラブ群は、つかまりの良さとともに打ち出し角も高くなり、球が上がりやすいモデルとなっている。(1)のクラブではつかまり切らない、初心者やヘッドスピードが遅い人向けのクラブと言えるだろう。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

チャンネル登録者数1万突破 : 藤田慶和 公式ブログ – lineblog.me

Let’s block ads! (Why?) Source link 関連 …