Home モデル 清川あさみさん 美女×動植物のアート

清川あさみさん 美女×動植物のアート

9 second read
0
268


 美女を動植物に見立て、撮影した写真に羽根やビジュー(宝石のような飾り)で刺しゅうを施す「美女採集」シリーズなどで人気のアーティスト、清川あさみさん。27日から始まる、清川あさみ個展「ADASTRIA 美女採集 by ASAMI KIYOKAWA」のみどころや、清川さんの考える「美女」について話を聞いた。【村田由紀子】

清川あさみさん=2018年3月、村田由紀子撮影

 「コンプレックスは全て個性であり、美しい」というコンセプトで、15年間、多くの「美女」を採集してきた清川さん。「一生懸命生きていたら、どんな人も悩みやコンプレックスがあると思うんです。どんなにきれいな人でも。でもそれを、個性に変換して表面に出せるようになった人や、生き方が魅力的な人を美女と呼んでいるんです」と話す。

 今回の展示では、「今、もっとも気になる美女」としてミュージシャン「水曜日のカンパネラ」のコムアイさん、ダンサーの菅原小春さん、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさん、歌手の和田アキ子さんの4人を「採集」した。

 「4人は私の中で、いろいろな意味でギャップのある人たちでした。和田さんは、芸能界で50年活躍していて『すごい人』。また、とても女性らしいオーラを感じたんですよ。そのふと見せる部分にすごく興味がわいてしまって」

 清川さんは、「美女」と、そのモチーフとなる動植物を組み合わせて作品に仕上げる。和田さんのモチーフは「ケナガマンモス」だ。

 「一歩一歩地面を踏みしめて歩く感じや、お話ししたときに母性を感じ、地球の母って感じがしました」

 組み合わせる動植物については、「この人を採集したい」と思ったら、時間をかけてその人のことを調べる。そして「結びつける動植物のアイデアが湧いたりするんです」。過去には、歌手・俳優・演出家の夏木マリさんとアンモナイト、タレントの壇蜜さんとナメクジを組み合わせた作品も発表している。

 「女優さんとか、きれいな人も努力している部分や悩みがあるんです。その見えない部分を作品に描くようにしているんです」。読者モデルをしていた自身の経験が、作品に反映している。

 衣装のデザインも自ら考え、撮影当日に現場にたくさんの布を持ち込んで、その場で作る。そして写真を撮り、印刷し、縫っていく。「デジタルでは出ない風合いや手作り感。最後は人の手だと思っているので、手作業の部分を大事にしている」という作品は、複製できない、1点モノの「オートクチュール」だ。

 今回の展示会のために、著名人のほか、「グローバルワーク」などカジュアルファッションブランドを展開するアパレル企業「アダストリア」(東京都渋谷区)の社員3人も採集した。同社の社員1万5000人からオーディションして3人を選んだ。「個性が面白そうな人や、変身しそうな人を選びました。今後、それが誰かの勇気につながったり、指針になったりしたらいいですね」と笑顔で話す。

 「女性は女性をまっすぐ見るんです、似た感性で生きているから」と、まっすぐ視線を据えて語ってくれた。

 「女って面白いな、人間って面白いな、人生って面白いなって考えさせる展覧会になると思います」

 展覧会は、27日から5月6日まで、東京・表参道ヒルズ本館のスペースオーで開催。入場無料。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

フォロワー63万人のキッズインスタグラマー・COCO、“母”土屋太鳳は「天使のように優しかった」:中日新聞Web – 中日新聞

土屋太鳳と田中圭の娘・ヒカリ役を演じたCOCO(C)2021 『哀愁しんでれら』製作委員会  女優の土屋太鳳が … …