Home モデル 白石麻衣、モデルとして躍進“同世代の女性が憧れるアイドル”の軌跡 『美少女』列伝

白石麻衣、モデルとして躍進“同世代の女性が憧れるアイドル”の軌跡 『美少女』列伝

16 second read
0
225


 “史上最強のお嬢さま系アイドルグループ”乃木坂46の顔、白石麻衣。写真集『パスポート』は18度の重版を繰り返し、今世紀最大の販売部数と、奇跡的な大ヒットで現在も記録を更新中。異性だけでなく、“同世代の女性が憧れるアイドル”である白石をORICON NEWSの取材写真と共に振り返る。

乃木坂46のスタートから1年ほどで、グループの“顔”に

  • 2014年、1st写真集をアピールする白石麻衣

    2014年、1st写真集をアピールする白石麻衣

 白石は高校卒業後、歌手を目指し音楽専門学校に入学した。しかし、彼女自身はアイドルに憧れを抱いていたわけではない。2011年のある日、その学校の講師に、乃木坂46第1期オーディションへの応募を勧められた。軽い気持ちで応募したそのオーディションから、アイドル・白石麻衣が誕生したのだった。

 グループ加入当初は「場違いなところに来てしまったかもしれない」と不安を抱いたこともあったようだが、活動から1年ほど経ったころには、単独でバラエティ番組のMCをこなし、6thシングル「ガールズルール」のセンターに起用されるなど、グループの顔へ。この頃には「もっとグループを大きくしたい」と、アイドルとしての自覚も芽生え、グループを導く存在に成長していく。

◆「今回から一番近くにファンのかたを感じられる」と語った、センター発抜擢当時の白石

雑誌『Ray』の専属モデルに抜擢 女性からの注目を集める存在に

 白石を一躍今の地位まで押し上げたのは、何といっても第一線で活躍した“モデルとしての顔”あってのことだろう。『ガールズアワード』の出演、ファッション誌『Ray』の専属モデル、『LARME』のレギュラーモデルなど、端正な顔立ちと透き通る肌、清楚さや上品さを武器に、次々と女性誌に登場し、男性のみならず、同世代の女性の心もつかんでいった。その後も、『サマンサタバサ』のイメージモデル、資生堂『MAQuillAGE』など、若い女性をターゲットとしたブランドのイメージキャラクターを務め、20代前半女性の“憧れの女性像”となっていった。

 それは写真集『パスポート』のヒットからも見て取れる。モデルである白石の特徴を活かし「女性が見ても楽しんでもらえるもの」を意識したところ、通常1割以下である女性購入率が、3割にまで達した。本来ならば男性の市場である女性アイドルの写真集が、女性からの指示も獲得できたことで、爆発的なヒットを生み出したと言える。

◆清楚さと上品さを兼ね備えた露出が、男性のみならず女性人気も集める

専属モデルの卒業を発表、ますます期待が高まる今後の活動

 5年間務めてきた『Ray』の専属モデルは、2018年5月号をもって卒業する。雑誌卒業後の活動については、『やれたかも委員会』(TBS)へのレギュラー出演、『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』(フジテレビ)で初の主演などが決定するなど、女優としての抜擢が続いている。2017年のORICON NEWS取材で、「ファッションやコスメも好きなので、自分から女の子の興味のある美容などの情報を発信していきたいし、いつかは自分がプロデュースしたアイテムを出せたらいいなと思っています。」と意欲的なコメントを残していることから、プロデュース面での活躍も期待できる。

◆ノースリーブから見える肌がまぶしい 『世にも奇妙な〜』で、OL役に挑戦する白石

 グループとしては2015年から3年連続の紅白歌合戦出場、2017年に初の東京ドームでのライブ開催と日本レコード大賞を受賞と、日本を代表するアイドルグループへと成長。白石がグループの牽引役として音楽界でもその存在感を示すことにも成功している。大人の女性として淑やかにも艶やかにも変化していく中で、彼女が次に魅せる世界観はどんなものなのか、女性の理想を追求する白石の今後に期待が高まる。

その他の写真も見る→

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

IQOS「令和」新時代の幕開けへ祝賀モデル発表 – 社会 – 日刊スポーツ

パッケージのデザインについて説明するヘンリー・ホー氏 5月1日の新元号スタートを前に、祝賀ムードが盛り上がって … …