Home モデル 第636回:アウディのスポーツモデルにイッキ乗り! フォーシルバーリングスが掲げる速さの流儀とは? 【エディターから一言】 – webCG

第636回:アウディのスポーツモデルにイッキ乗り! フォーシルバーリングスが掲げる速さの流儀とは? 【エディターから一言】 – webCG

16 second read
0
182

富士スピードウェイの1コーナーに進入する「アウディR8」。
拡大

webCG編集部員が、富士スピードウェイでアウディのスポーツモデルの走りを体験。「RS」モデルに試乗し、レーシングカーに揺さぶられ、おまけに電気自動車「e-tronスポーツバック」までサーキットでドライブした記者が、“走りのアウディ”の今と未来をリポートする。

ブリーフィングルームにて記者が案内されたテーブルに、さん然と輝く「1」の札。久々のサーキット取材にすっかりハイになった記者は、会場の富士スピードウェイに一番乗りしてしまった。
ブリーフィングルームにて記者が案内されたテーブルに、さん然と輝く「1」の札。久々のサーキット取材にすっかりハイになった記者は、会場の富士スピードウェイに一番乗りしてしまった。拡大
アウディスポーツ社は、レース活動や高性能モデルの開発を担うアウディの子会社。かつてのクワトロ社が2016年に改組・改称し、現在の姿となった。
アウディスポーツ社は、レース活動や高性能モデルの開発を担うアウディの子会社。かつてのクワトロ社が2016年に改組・改称し、現在の姿となった。拡大
アウディ ジャパンは、当イベントの直前に新型の「RS 7スポーツバック」と「RS 6アバント」(写真)、「RS Q8」の日本導入を発表したが、今回は、これら最新モデルの試乗はかなわなかった。
アウディ ジャパンは、当イベントの直前に新型の「RS 7スポーツバック」と「RS 6アバント」(写真)、「RS Q8」の日本導入を発表したが、今回は、これら最新モデルの試乗はかなわなかった。拡大
ピットレーンにて、走行開始を待つアウディスポーツの各モデル。これ、全部足したら、お値段幾らで何馬力になるのかしら?
ピットレーンにて、走行開始を待つアウディスポーツの各モデル。これ、全部足したら、お値段幾らで何馬力になるのかしら?拡大

アウディに乗って富士の本コースを走りまくる

“1”と書かれたプラスチック製のタグを記者に手渡しつつ、顔見知りのアウディ広報氏がニッコリする。

「ほったさんが一番乗りですよ」

うーん。気恥ずかしい。得難い機会にテンションがハイになり、キモチが浮き立っていたのを見透かされたようである。しかしそれもむべなるかな。国際格式のサーキットをメーカー自慢の高性能モデルで走れるというのは、こうしてギョーカイに身を置く身でも、そうあることではないのだ。

時は晩秋。場所は富士スピードウェイ。記者はアウディによるサーキット走行体験会「Audi Sport Circuit Test Drive」に赴いていた。お題となるは、主にアウディスポーツが手がけた高性能モデルだ。

読者諸兄姉におかれては耳タコな話だろうが、アウディスポーツというのは、アウディの傘下にあってモータースポーツ活動や高性能スポーツモデルの開発を担う組織だ。アウディの各車種にラインナップされるハイパフォーマンスバージョン、RSモデルを手がけているのも彼らである。

そんなアウディスポーツのクルマを、とっかえひっかえ、富士の本コースで走らせられるというのだからぜいたくなお話。取材メディアとしてwebCGに声をかけてくれたアウディ ジャパンに感謝しつつ、同時に武蔵野の小市民は、「今回の試乗車を全部足し算したら、何馬力でお幾らになるのかしらん?」と想像して、いささか緊張した。

しかしネタばれしてしまうと、記者は終始、非常にリラックスして運転を楽しむことができた。アウト/インラップ含め都合14周のスポーツ走行に、レーシングカーの同乗体験×2本までセットになっていたのだから、終わってみれば体はヘトヘト。しかし過去の類似したイベントとは異なり、サーキットを走るのに精いっぱいで「クルマのことなど全然わからん!」といった事態にはならなかった。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

完全ワイヤレスイヤホン市場、100ドル以下モデルが初の過半数 – iPhone Mania

 AppleのAirPodsシリーズなどの完全ワイヤレスステレオ(TWS: True Wireles … …