Home モデル 米・スポーツ雑誌『スポーツ・イラストレイテッド』の人気水着モデルが漏らした本音(ヨガジャーナルオンライン) – Yahoo!ニュース

米・スポーツ雑誌『スポーツ・イラストレイテッド』の人気水着モデルが漏らした本音(ヨガジャーナルオンライン) – Yahoo!ニュース

4 min read
0
94

【関連画像】『スポーツ・イラストレイテッド』カバーモデルのヘイリー・クラウソンとアシュリー・グラハムのツーショット。二人が手にしているのは、アシュリーの水着姿が表紙を飾った号。

———————

男性たちから人気を集めるアメリカのスポーツ誌『スポーツ・イラストレイテッド(SI)』の水着特集号。男性誌のグラビアというと、いわゆる男性が好みそうな”ボン、キュッ、ボン”なカーヴィボディの女性モデルが飾るのが当たり前と思われていた。『SI』もかつてはそうだったけれど今は違う。多様な美の追求における先駆者として、プラスサイズモデルのアシュレイ・グラハムや70年代から活躍している元祖スーパーモデル(だから今は60代!)のクリスティ・ブリンクリー、トランスジェンダーのヴァレンティーナ・ サンパイオらを起用。サイズや年齢、ジェンダーに囚われない美しさを追求してきた。宗教上の理由から肌は露出しないイスラム教徒のモデルのハリマ・アデンを起用し、ブルキニ(ブルカとビキニを合体させたイスラム教との女性向けの水着)姿のグラビアを掲載したこともあった。

/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZmargin-top:20px;
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.bKFEDnwidth:990px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgddisplay:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMcowidth:25%;padding:0 8px;
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGYdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .ickGY:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .ickGY::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;.exrhXLdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .exrhXL:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .exrhXL::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;.jhZTmadisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .jhZTma:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .jhZTma::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;.KjZLfdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .KjZLf:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .KjZLf::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYqdisplay:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpddisplay:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYPmargin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmqdisplay:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbIborder-left:1px #3c4147 solid;
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRIdisplay:block;padding:0 10px;color:#fff; .JliRI:hovercolor:#fff;
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdydbackground-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visitedcolor:#639; .gaFnxp:hovercolor:#cc3434;

人気モデルが漏らした本音

このコメントを見て「こんな風に自信を持って生きたい」と思った人が続出! その結果、女性たちから前向きな姿勢でいるための秘訣を聞かれることが増えたそう。最近ウェブサイト「Story + Rain」のインタビューでハンター曰く「みんなによく聞かれるの。『あなたの秘密は何? どうすればいいの?』って」。

彼女の答えは意外なことに「秘密なんてない」。続けてこう語る。「今でも落ちこむ日はある。正直にいえば今日もそうだし昨日もそう。何もしないで寝ていたい日、やらなくてはいけない仕事がしたくない日、自分自身に自信が持てない日なのよ」。でもそれをネガティブに捉えないのがハンターのポリシー。「そういう日があってもいいの。それで自分がどんな人間かを決まるわけではないし、自信とは人生の旅路そのものなのだから。『ローマは1日にしてならず、自信も1日にしてならず』という感じね」。ボディポジティブのムーブメントのメッセンジャーとして女性たちの人気を集めるハンター。体型や外見だけではなく、メンタルな意味でもありのままの自分を受け入れることが前向きな生き方のカギ。そんな彼女のメッセージはさらに多くの女性の心に響きそう。

ライター/長坂陽子
ライター&翻訳者。ハリウッド女優、シンガーからロイヤルファミリー、アメリカ政治界注目の女性政治家まで世界のセレブの動向を追う。女性をエンパワメントしてくれるセレブが特に好き。著書に「Be yourself あなたのままでいられる80の言葉」(メディアソフト)など。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

元小学生ユーチューバー・ゆたぼん「不登校教育」めぐり激論 本人は「ほっとけ、俺の人生や!」(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

 2021年4月7日に投稿したYouTube動画で、中学校への「不登校宣言」をしたユーチューバー・ゆたぼん。そ … …