Home モデル 米電気自動車テスラ、大幅赤字…量産モデル遅れ

米電気自動車テスラ、大幅赤字…量産モデル遅れ

6 second read
0
274

 【ニューヨーク=有光裕】米電気自動車大手テスラが2日発表した2018年1~3月期決算は、最終利益が約7億955万ドル(約770億円)の赤字となり、四半期決算として最大の赤字となった。

 初めて量産するモデルの生産計画が遅れているためで、同社の経営は正念場を迎えている。

 売上高は前年同期比約26%増の34億875万ドル(約3700億円)だった。

 同社はセダンタイプ「モデル3」を主力車と位置付けて量産を計画する。17年12月までに週5000台、18年には週1万台の生産を計画したが増産は遅れ、4月時点では、週2200台余りだった。設備投資の負担が重くなっており、市場には同社の資金繰りを懸念する声が出ている。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ジャガー、「XE」2021年モデル 204PS/430NmのMHEV2.0リッターディーゼルをラインアップ – Car Watch

「XE」2021年モデル  ジャガー(ジャガー・ランドローバー・ジャパン)は5月11日、スポーツ・サルーン「X … …