Home ユーチューバー 約8割の高校生が毎日欠かさずYouTube視聴 一番人気は「東海オンエア」/LINEリサーチ調べ – MarkeZine

約8割の高校生が毎日欠かさずYouTube視聴 一番人気は「東海オンエア」/LINEリサーチ調べ – MarkeZine

20 second read
0
18


 LINEリサーチは、日本全国の高校1年生~3年生の男女を対象に、高校生のYouTube事情に関する調査を発表した。以下、一部内容を紹介する。

YouTubeを毎日見る高校生は7割以上に

タップで拡大

 同調査では、98%の高校生が「YouTubeを視聴している」ことがわかった。そのうち、76%の高校生は毎日欠かさずYouTubeを見ているという結果に。

 男女別では、女子高生は約7割、男子高生は約8割が毎日YouTubeを見ていた。また、視聴時間については女子高生は「1日に、30分以上~1時間未満」が最も多いのに対して、男子高生では「1日に、1時間以上~2時間未満」が最多に。視聴頻度は視聴時間も女子高生に比べて男子高生のほうが多く、よりYouTubeに熱中している様子がうかがえる。

よく見るYouTubeのジャンルは?

タップで拡大
タップで拡大

 よく見るYouTubeのジャンルに関しては、女子高生・男子高生ともにTOP2が「ミュージック」と「ゲーム実況・ゲームプレイ」という結果に。女子高生の1位は「ミュージック」で約6割、男子高生の1位は「ゲーム実況・ゲームプレイ」で約7割となった。

 男女別で見てみると、女子高生は3位に「美容・メイク」、5位には「アイドル」、10位には「ダンス」がランクイン。一方で男子高生では、3位に「アニメ」、5位に「スポーツ」、8位に「VTuber (バーチャルユーチューバー)」、9位に「雑談」がランクインし、両者の興味のあるジャンルに差がうかがえる。

男女ともに一番人気のYouTuberは「東海オンエア」

タップで拡大
タップで拡大

 どのYouTuberが好きか聞いたところ、男女ともに「東海オンエア」が1位という結果に。「東海オンエア」は、メンバー全員が愛知県出身という6人組のグループ。企画の発想力や、メンバーそれぞれに個性があるところ、毎日動画がアップされているといった点が人気の理由のようだ。

 2位以下は、男女で異なるYouTuberがランクインしており、好みの差がはっきりと出ている。女子高生の2位は、エンターテインメント性のあるゲーム実況が人気の「キヨ」がランクイン。ホラーゲームで怖いはずの実況がおもしろい、動画のテンポがよいといった声が寄せられた。3位は、中学校の同級生7人組のグループ「フィッシャーズ」がランクイン。仲良しなノリが見ていて楽しいといった声や、アスレチックを使った企画が高評価だった。4位の「水溜りボンド」は、男性2人の掛け合いがゆるくておもしろいとの声が上がった。5位の「QuizKnock」は、東大卒業のクイズ王・伊沢拓司を中心としたメンバーによるクイズチャンネル。2020年6月に実施された流行調査のYouTuber流行予測ランキングでも上位だった。同じく5位の「花江夏樹」は、人気作品のキャラクターを多く演じている男性声優。

 一方、男子高生の2位にランクインした「にじさんじ」は、約100名のVtuber (バーチャルユーチューバー)が所属する異色のユニット。多彩な個性を生かした動画配信に人気が集まった。3位の「はじめしゃちょー」はゆるい人柄や雰囲気が魅力で、動画がおもしろい、見やすいとの声が上がった。4位の「はなおでんがん」は大阪大学基礎工学部出身の男性2人組で、軽快なトークとためになる理系ネタが特徴。同じく4位はテレビでもおなじみの「HIKAKIN」がランクイン。日常のおもしろいものを紹介する企画やゲーム実況が人気となった。

【調査概要】
調査主体:LINEリサーチ
調査方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の高校1年生~3年生の男女
実施時期:2020年8月3日~4日
有効回収数:1,045サンプル

【関連記事】
「マーケティング最新動向調査」ただいま実施中!ぜひ皆さまの声をお寄せください!
欲求の充足は二の次に? 楽天インサイトがコロナがもたらした価値観の変化を調査
新型コロナ感染拡大第2波、第1波と比べ「広告出稿の制限を緩和している」層が過半数に【サイカ調査】
好評『マーケティング最新動向調査2020』が9/30まで20%割引、気になる章ごとの購入も可能に
若年層とシニアマーケターの戦略観にギャップ 2025年に各々が思い描く姿とは?【インテージ調査】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

高知県内の26市町村がSNS活用 フォロワー5.4万人、観光や移住PR – 高知新聞

地域の特色ある風景などをアピールする自治体のSNS画面のコラージュ(岡崎紗和作成)  行政の広報活動に会員制交 … …