Home ユーチューバー 自殺者撮影のユーチューバー、謝罪後初コメント「セカンドチャンスがあってもいいはず」

自殺者撮影のユーチューバー、謝罪後初コメント「セカンドチャンスがあってもいいはず」

17 second read
0
137

自殺者を撮影して炎上中の米ユーチューバーのローガン・ポールが、謝罪後初コメントを出し、自分にはセカンドチャンスがあってもいいと話した。

 日本を訪れた際、青木ヶ原の樹海で日本人の自殺者を撮影し、その動画を投稿したとして大炎上した米ユーチューバーのローガン・ポール。その後父親が「息子はカムバックする」とコメントを出したり、裏で弟も炎上したりしていたが、ローガン自身は謝罪動画を投稿してから、ローガンがコメントを出すことはなかった。

謝罪後初コメント

 そんなローガンがTMZの取材で謝罪動画を投稿後、初めて騒動についてコメントした。空港でキャッチされたローガンは、記者に「ローガン、元気?」と聞かれると「元気だよ」と静かに答えた。しかし続けて「自分にセカンドチャンスはあると思う?」と聞かれる。

 すると、「誰でもセカンドチャンスはもらえるべきだよ」と話したローガン。取材中は終始真剣な面持ちで受け答えをしていたローガンだけれど、このコメントを聞く限りでは、自身のYouTubeチャンネルはまだ続けていく可能性が高い。

Logan Paul Says Even He Deserves a Second Chance | TMZ

www.youtube.com

 多くのセレブも反応し、YouTubeもローガンとの特別連携を解除した今、ローガンが今後どのような動きを見せるのかに注目。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

歩かないロボホン”「RoBoHoN lite」発売 歩行機能なしで安く 7万9000円 – ITmedia

 シャープは2੍ … …