Home ユーチューバー 芸能人ユーチューバーは新たな発信の場? 3割は「違和感アリ」 – ニフティニュース

芸能人ユーチューバーは新たな発信の場? 3割は「違和感アリ」 – ニフティニュース

16 second read
0
20

近年、活躍の場をテレビからYouTubeに変更した芸能人も多い。実際、テレビ出演時よりも人気が出ている人もいるようだ。そんな流行にあやかって急増する芸能人ユーチューバーのことを、世間はどう思っているのだろうか。

画像をもっと見る■全体の3割「違和感アリ」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に調査を実施したところ、全体の31.9%が「芸能人がユーチューバーになることに違和感を覚える」と回答した。

違和感を覚えないほうが多数派ではあるが、テレビで活躍していた芸能人が、ユーチューバーとして活動をしていることに戸惑う人もいるようだ。

関連記事:キンコン梶原、YouTubeをしばらく休止 その理由に「カッコよすぎる!」

■テレビを見る人的には違和感…

性年代別で見ると、全ての年代において男性より女性の方が高い割合を示している。

全ての年代において女性が3割以上の数値を示しており、芸能人がユーチューバーになることに対して違和感を持っていることがわかる。やはり主婦はテレビを見る時間が多く、テレビ番組に出演していた芸能人がYouTubeに活動の場を移したことが違和感に感じるのだろうか。

■続々増える芸能人ユーチューバー

最近では、俳優の佐藤健がYouTubeチャンネルを開設。ドラマで共演した上白石萌音や、神木隆之介がゲスト出演するなど人脈を活かし、1ヶ月足らずで登録者数175万人を超えた。

また、女優の川口春奈はVlogを主に投稿するチャンネルを開設。コンスタントに100万再生を超えている。

また、芸人で成功したユーチューバーといえば、キングコング梶原ことカジサックだろう。カジサックは積極的に人気ユーチューバーとコラボ動画を投稿。確実に再生回数を伸ばし、累計再生数5億回を超えているのだから驚きだ。

芸能人がユーチューバーになる理由の1つとして、テレビ出演を経て知名度の高い芸能人は既存のファンが多く、登録者・再生回数が伸びやすいことが挙げられるだろう。

■趣味に没頭する芸能人たち

芸能人ユーチューバーブームの火付け役となったチャンネルと言えば、本田翼の「ほんだのばいく」だろう。本田翼が人気ゲーム「Dead by Daylight」を生配信する姿が話題を呼んだ。

また、ネガティブ芸人として一世を風靡したヒロシは「ヒロシちゃんねる」を開設。自身の趣味であるアウトドアの動画を投稿し、現在「ソロキャンプ」が人気なことも相まって、2発目のブレイクに成功している。

また、企業側も芸能人を起用したPRに力を入れているようだ。「PlayStation Japanチャンネル」では、ハライチの岩井とサンシャイン池崎を起用した新発売ゲームの実況動画が人気を博しており、新たなPRの形が登場したように思える。

テレビ番組で活躍をしていた芸能人が、ゲーム実況やアウトドアなど個人の趣味に没頭する姿が見られるのもYouTubeだけの特権かもしれない。

(文/しらべぇ編集部・北田力也)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年2月21日〜2020年2月26日
対象:全国10代〜60代の男女1,789名(有効回答数)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

大島優子がインスタに真っ黒の画像を投稿 黒人死亡事件の抗議に賛同? – ライブドアニュース – livedoor

大島優子(31)が2日、自身のインスタグラムに真っ黒の画像を投稿した。 先月25日、米ミネソタ州で無抵抗の黒人 … …