Home モデル 藤田ニコル、売れないモデル時代の苦悩 ファンの思いを胸に飛躍「ここまで乗り越えられてきた」 – 紀伊民報

藤田ニコル、売れないモデル時代の苦悩 ファンの思いを胸に飛躍「ここまで乗り越えられてきた」 – 紀伊民報

9 second read
0
41

 モデルの藤田ニコル(22)が、23日放送のカンテレ・フジテレビ系『セブンルール』(毎週火曜 後11:00~11:30)に出演。テレビ番組やCMで引っ張りだこで、自身のアパレルブランドのプロデュースも手がける藤田の足跡に迫る。

【番組カット】モデル、ラジオとさまざまな分野で活躍する藤田ニコル

 ニュージーランドで生まれ、3歳で両親が離婚すると、母の故郷・日本へ移り住んだ藤田。女手一つで、自身と弟を育てる母の姿を見て成長した。母が「名前が似ているから」という理由で買ってきた雑誌『nicola(ニコラ)』のオーディションに見事に合格し、11歳からモデルの仕事を始めた。

 しかし、高校2年生の頃までは全く売れず、学校では「あれがモデルかよ」とイジメの標的になったことも。何度も「辞めよう」と思った藤田を救ったのは、数少ないファンから届く応援メッセージだった。

 「ファンのために有名になる」。努力を重ねて、モデルとして雑誌の表紙を飾るまでに成長すると、藤田はバラエティー番組で“おバカキャラ”としてブレイク。「ファンがいてくれたから、ここまで乗り越えられてきた」という思いを胸に芸歴12年目を迎え、22歳の若さで自らのポジションを確立してきた、藤田の7つのルールを紹介する。

 VTRを見ながら、藤田の年齢を知り、驚きつつも感心するスタジオメンバーたち。自分たちが、22歳の時は「ただのバカだった」(YOU)、「牛丼食ってタバコ吸ってるだけだった」(若林正恭)と話し、笑いを誘う。藤田のあるルールから、スタジオは「打ち合わせ」の話題となり、打ち合わせは入念に行いたいという若林が、たまに遭遇するという「笑ってしまうタイプのディレクター」のエピソードを紹介する。

【写真】「抱きしめたくなる…」ベッドで太ももあらわな藤田ニコル
【写真】「めっちゃ上戸彩」「石原さとみかと」藤田ニコルの“妄想デート”ショット
【動画】生地面積小さすぎ!こぼれおちそうな“美ヒップ”披露の藤田ニコル
【写真】“オトナのにこるん”秘蔵カット公開「リアルな21歳の私のカラダ」
【写真集カット】藤田ニコル、砂浜に寝そべり…“手ブラ”で最大露出!

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

インフルエンサーに1回3,000円からPR依頼できる!スナップレイスのインスタグラムツールにPR依頼機能が搭載! – PR TIMES

スナップレイスのインスタグラム運用・分析ツールにはさまざまな機能が搭載されています。ハッシュタグの自動提案機能 … …