Home モデル 視覚障害リハ協会、神戸でファッションショー モデルを募集

視覚障害リハ協会、神戸でファッションショー モデルを募集

8 second read
0
155

 視覚障害リハビリテーション協会は、視覚障害者にモデルを務めてもらうファッショショーを9月に神戸市で開く。現在、モデル役の視覚障害者6人(うち1人はヘアカットモデル)を募集中。締め切りは3月31日。男女とも応募できる。

 ショーは9月15日で、観覧は自由。おしゃれを楽しむ障害者の姿を多くの人に見てもらおうと、同協会主催の研究発表大会(9月14~16日)のプログラムに盛り込んだ。

 リハビリといえば、歩行や点字の読み書きが代表例に上がりやすいが、見えないことによる不便さを減らすために、その他、さまざまなリハビリがある。専門家たちは、リハビリによって生活の困難を少しでも解消し、暮らしに楽しみを増やしてもらいたいと、さまざまな方法を考えている。そのことを知ってもらいたいというのも今回の狙い。

 モデルになりたい人は「こんなおしゃれをしてみたい」をテーマにした作文(400字以内)をメール(taikai@jarvi.org)で大会事務局に送る。問い合わせも同じアドレスで受け付けている。【平井俊行】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【鈴鹿10時間 2019】アウディ、最新のRSモデル「RS 5 スポーツバック」公開 – Car Watch

アウディ最新のRSモデル「RS 5 スポーツバック」  アウディ ジャパンは8月24日、8月27日に発売する新 … …