Home モデル 路線変更か、モデル廃止か…「今年が勝負」のクルマ8台 – ベストカーWeb

路線変更か、モデル廃止か…「今年が勝負」のクルマ8台 – ベストカーWeb

27 second read
0
110


 後継モデル開発か、路線変更か……。はたまたモデル廃止か。岐路に立たされている「今年が勝負」なクルマを自動車評論家4名が2台ずつ紹介。ガンバレ、今年が勝負のクルマたち!!未来は僕らの手の中!!

※ベストカー2021年4月10日号より転載

【画像ギャラリー】まさにクラウンのような岐路に立たされたクルマたち!!自動車評論家4人が選ぶ「今年が勝負」の計8台


【辛口評論家・国沢光宏が選ぶ2台】

■発売初年度から正念場!!「ホンダ・ヴェゼル」


コンパクトSUVのライズとヤリスクロスが大ヒットした影響をモロに受けるヴェゼル。登場初年度、いきなり勝負の年だ

 お披露目されたばかりの新型ヴェゼルながら、次期型の開発に今年から着手すると思う。ヴェゼルというモデル、本来はブラジルなど新興国向けモデルとして企画されたのだけれど、日本でのみ大ヒットした。ブラジルやタイといった新興国では割高感が強かったようだ。実際、今はヴェゼルより安価なWR-Vというモデルが主力になってます。

 そして次期型のタイミングになると世界的には電気自動車でしょう。となればプラットフォームから変更しなければならない。エンジンを搭載するヴェゼル、日本で爆発的に売れないかぎり最後になるんじゃなかろうか。次は電気自動車です。

■3列シートSUV定番化なるか?「マツダ・CX-8」


ミニバン製造をやめたマツダ。本来であれば他社のミニバンと遜色ない販売台数が必要なハズ。一代で終わってしまうのか?

 CX-8というモデル、なかなか微妙な状況にある。というのもマツダにとって収益の柱となっている北米市場にはCX-9というひと回り大きなモデルがあるし、欧州 市場を見ると厳しい燃費規制の施行により平均燃費の悪いマツダは大柄なSUVなど出せない状況。’18年に中国市場へ投入したものの、’19年の月販平均200台程度。’20年になって壊滅的な販売台数となった。日本市場の一本足打法といってよい。

 しかも’22年からCX-5など「ラージ」と呼ばれる縦置き直列6気筒搭載モデルに切り替わっていく。今年、日本で売れゆきが伸びなければ現行モデルかぎりの絶版になってしまう可能性大。残念です。

【フェラーリ教教祖・清水草一が選ぶ2台】

■e-POWER一本足打法「日産・ノート」


スカイラインハイブリッドに搭載されているプロパイロットより1世代前のプロパイロットで+42万円。高っ!

 日産得意のe-POWERに絞って勝負に出たノート。先代は年間販売台数1位を奪取するなど、想像をはるかに超える大ブレイクで国内販売を支えただけに、力が入っているし出来もイイ。つまり真っ当な意味でも今年は勝負なのだが、もうひとつ重要な勝負は「セットオプション42万円のプロパイロット」だ。

 この強気の値付けはどこからきたのか? ライバルのヤリスやフィットがACC標準装備なだけに、よほど自信があるのか。はっきり言って高すぎる! 今はまだ発表直後なのでいいけれど、今年後半には失速する可能性が高いと見る。テコ入れはあるのか? とにかく今年が勝負だ。

■大幅値下げでシェア獲得なるか「テスラ・モデル3」


イッキにお得感が増したテスラ・モデル3。イイネ!

 テスラは日本市場をあまり重視していない印象だったけれど、そんなこととは無関係に、今回のモデル3の大幅値下げには驚嘆した。中間グレードのロングレンジAWDでなんと156万円の値下げ!

 テスラ・モデル3の値下げは、日本向けの製品が中国工場製に切り替わったことに伴うもので、中国、欧州に続く既定路線のようだけれど、いざ実際に実行されると、衝撃はケタはずれだ。これでモデル3の売れゆきはどう変化するのか? 爆売れするのか? それともやっぱり保守的な日本市場ではそうでもないのか? テスラにとっての勝負の年というより、日本という国が試されている気がする。

【コスパの鬼・渡辺陽一郎が選ぶ2台】

■水素社会実現の鍵を握る「トヨタ・MIRAI」


クルマの評判は上々だが、価格・サイズ感が大衆向けではないMIRAI。今年が勝負

 MIRAIは今年が勝負だ。水素ステーションの数は、全国で約140カ所に留まる。給油所の3万カ所に比べて大幅に少ない。従って販売は低調で、先代型の1年間の登録台数は1000台以下だ。これではMIRAIの存在感は次第に薄れる。販売促進ではなく認知向上のために、イベントなどを行いたい。

 カーオーディオのマニアも重要な顧客だ。新型MIRAIの車内は抜群に静かだから、音響性能をさらに高めた特別仕様車を設定する。ZにはJBLプレミアムサウンドシステムが用意されるので、制振材や吸音材も加えて、最良のオーディオ空間に仕上げたモデルを発売したい。

■すっかり影が薄くなった「ホンダ・ステップワゴン」


ステップワゴンは今年盛り返せなかったら、方向転換したほうがよさそうだ。とにかく最近影が薄い。がんばれステップワゴン

 ステップワゴンは存続の危機にある。’20年の登録台数は1カ月平均で2870台だから、ライバル車となるセレナやヴォクシーの半数だ。また’96年登場の初代ステップワゴンや’01年の2代目は、発売直後に1カ月で約9100台を登録した。今は当時の約30%だ。ミニバンは日本向けの商品だから、低迷が続くと車種の廃止もあり得る。

 ステップワゴンのハイブリッドは価格が340万円以上と高いから、今後は1・5Lターボに力を入れる。SUV風のクロスターを加えて、標準ボディのGと同等の270万円前後で発売する。スパーダにも同価格のグレードを用意して、出費にシビアな奥様層に直接訴求してはどうか。

【微笑みの貴公子・岡本幸一郎が選ぶ2台】

■日本市場では鳴かず飛ばず「マツダ・MAZDA3」


改良でかなりよくなったマツダ3。もう見た目だけとは言わせない! 今年が勝負だ。目指せ月販5000台……さすがに無理か?

 見た目はオシャレなのに走るといろいろいたらない点があって、海外での評価とは裏腹に日本での評判はいまひとつ。SKYACTIV─Xも価格の高さがネックで売れゆきは伸び悩んでいる。そこに送り出された改良版がなかなかの力作だ。走りは大幅に洗練されて、制御が粗削りで速度標識の誤認などバグも見られたADASもずいぶん改良された。このよさをちゃんと周知させることがまず大事。

 マツダの頻繁な改良はかえって買い控えを呼んでいる感もなきにしもあらず。このほど無償アップデートが始まったのは画期的。これで上手くいかないわけがない!?

■ヤリスに負けてはダメだ「ホンダ・フィット」


本当のライバルはヤリスではなくN-BOXな気がするフィット。今年は勝負だ! 

 クルマとしての完成度は申し分ないのに、かつての勢いが感じられない。ほのぼのしたデザインもどうやらあまり受けていない感がある。ホンダセンシングだって、レーダーが廃されたことが指摘されがちだけど、機能としてはずっと従来よりも充実している。退化ではなく進化したことをちゃんと世に理解してもらわないといけない。

 とにかく持ち前の強みである「心地よさ」をもっと正しく知ってもらうことが大事だ。さらには待望の走り系モデルが追加との情報も。そのあたりもネタにして多くの人に興味を持ってもらって、ぜひ巻き返しを図りたいところだ。

※ ※ ※

 ピンチはチャンスでもある。各車とも、今年は死に物狂いでがんばってほしい。

【画像ギャラリー】まさにクラウンのような岐路に立たされたクルマたち!!自動車評論家4人が選ぶ「今年が勝負」の計8台


 「今年が勝負のクルマ」は3月10日発売『ベストカー』(2021年4月10日号)からの転載です。雑誌には、取り上げた8台のうちテスラ・モデル3を除く7台の過去5年販売実績の一覧表を掲載しています。販売が絶好調のN-BOXに視点を置いてホンダを俯瞰した辛口コラムも。雑誌もお楽しみいただけますと幸いです。

 2021年4月10日号では、ほかにも気になる記事が盛りだくさん。スクープ「真実はどれだ!? 1.5Lターボ説も!!次期型シビックタイプR最新情報」をはじめ、集中BIG特集「電動化待ったなし!なくなる前に絶対に乗っておきたい純エンジン車 官能と昂りの咆哮!」や、東日本大震災から10年の節目に地震大国・日本で選ぶべきクルマと備えについて指南する「10年前のあの日の教え 家電が使えるという安心 給電できるクルマ」、人気連載「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」など幅広い世代が楽しめる読み物を掲載しています。

『ベストカー』(2021年4月10日号)の購入はこちら

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

松村沙友理『CanCam』モデル卒業 “卒コン”ドレスで表紙&憧れのエビちゃんと対談:紀伊民報AGARA – 紀伊民報

 先月にアイドルグループ・乃木坂46を卒業した松村沙友理が、専属モデルを務めるファッション誌『CanCam』か … …