Home モデル 軽自動車も全モデル電動化!? スズキの電動化戦略にみる課題と期待 – webCG

軽自動車も全モデル電動化!? スズキの電動化戦略にみる課題と期待 – webCG

14 second read
0
88

日本市場より海外市場のほうが積極的?

スズキは2021年2月24日に発表した中期経営計画において、2025年までに電動化技術を整え、同年より製品に全面展開、2030年からは電動化製品の量的拡大を図ることを表明した。先だって、2月初旬には日本経済新聞が「スズキが軽自動車の全車種でマイルドハイブリッドの用意を目指す」と報じている。

ここにきて、スズキについてもいよいよ自動車電動化のロードマップが見えてきたわけだが、それについて考えるうえで、まずは彼らの電動化製品の現状について振り返りたい。今日におけるスズキの電動化技術の主役は、マイルドハイブリッドだ。かつては「S-エネチャージ」と呼ばれていたもので、小型のリチウムイオン電池と「ISG」(インテグレートスタータージェネレーター/モーター機能付き発電機)を組み合わせたシステムである。減速時のエネルギーを利用して、ISGで発電。その電力で12Vバッテリーとリチウムイオン電池を充電する。加速時にはリチウムイオン電池の電力を使い、ISGでエンジンをアシスト。伸びやかな加速と燃費の改善を図るというものだ。

現在、スズキは国内市場において、軽自動車と登録車の双方でマイルドハイブリッド搭載車を設定。ただし“全着”とはなっておらず、マイルドハイブリッド採用モデルのラインナップにも非装着グレードがあるほか、そもそも登録車を中心に非採用モデルが多いのが現状だ。

ただ海外では、日本での登録車に該当するモデルでも、マイルドハイブリッドの採用が積極的に進められている。スズキのフラッグシップエンジンである1.4リッターターボも電動化されており、「ビラータ(日本名:エスクード)」だけでなく、欧州向けの「スイフトスポーツ」もマイルドハイブリッド車となっているのだ。また発展途上国の中で自動車の電動化に熱心なインドに注目してみると、コンパクトハッチバックの「バレーノ」、セダンの「シアズ」、ミニバンの「エルティガ」、SUVの「SL6」など、計6車種のマイルドハイブリッド車を投入している。

マイルドハイブリッドシステムが搭載された現行型「スズキ・ハスラー」。
拡大
現行型「ソリオ」に貼られる「HYBRID」のバッジ。今日におけるスズキの電動化技術の主役は、マイルドハイブリッドである。(写真:向後一宏)
現行型「ソリオ」に貼られる「HYBRID」のバッジ。今日におけるスズキの電動化技術の主役は、マイルドハイブリッドである。(写真:向後一宏)拡大
スズキのマイルドハイブリッド車に搭載される、リチウムイオン電池(右手前)と「ISG」(左奥)。一部のモデルでは、ISGを使ったクリープ走行も可能となっている。
スズキのマイルドハイブリッド車に搭載される、リチウムイオン電池(右手前)と「ISG」(左奥)。一部のモデルでは、ISGを使ったクリープ走行も可能となっている。拡大
欧州仕様の「スイフトスポーツ」には48Vのマイルドハイブリッドシステムが搭載されている。
欧州仕様の「スイフトスポーツ」には48Vのマイルドハイブリッドシステムが搭載されている。拡大

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

都市封鎖法制を求める声も 「人頼み」の日本モデルに限界 – 産経ニュース

会見を終え降壇する菅義偉首相。右は政府分科会・尾身茂会長=30日午後、首相官邸(春名中撮影) 政府が新型コロナ … …