Home ブロガー 辛酸なめ子ワールド炸裂! もしブロガーに高次元のイルカの守護霊がついたら – BIGLOBEニュース

辛酸なめ子ワールド炸裂! もしブロガーに高次元のイルカの守護霊がついたら – BIGLOBEニュース

15 second read
0
105

 守護霊と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか? 例えば、ご先祖様だったり、前世の自分だったり、小さなおじさんだったり……。でも、もしそれがイルカだと誰かに言われたら、信じることができるだろうか? この小説『ヌルラン』(太田出版)は、漫画家・コラムニストとして活躍する辛酸なめ子さんが、ご自身の守護霊と出会ったことから生まれたものなのだそう。

■タイトルは自身の守護霊の名前!

「6、7年ほど前にドルフィニスト(※イルカのスピリットと交流する人)のセッションを受けて、私自身にイルカの守護霊が憑(つ)いていることを知ったんです。シリウスの近くの星に住んでいるイルカで、その子の名前が『ヌルラン』というんです。その話をブログに書いていたら、小説にしませんか? というお話をいただきました」

 ということは、本書は実体験をベースにしたノンフィクション小説?

「いえ、ヌルランとのやりとりは自分の体験を参考にしている部分もありますが、これは小説です。レミというブロガーの女性が成長していく話です」

 辛酸さんが描く小説とあって、やっぱりその世界観はときに辛辣、ときにクスッと笑えるスパイスが盛り込まれている。作中には懐かしの佐村河内守さんの話や、ベッキーの不倫ネタなども登場する。週刊女性の読者なら誰もが記憶しているであろうネタだが、レミの感性(辛酸フィルター?)を通して語られると本当に独特で面白い。

「これを書き始めてから完成するまでに3〜4年かかったので、そういった当時の時事ネタも出てくるんですよね」

 もちろん、そんなワイドショーネタばかりではない。辛酸さんが話すように物語の主人公はレミというブロガーだ。彼らのような“インフルエンサー”といわれる人々の中にも流行(はや)りがあり、レミはブログを主戦場とするブロガーで、少し前はパーティーガールとして華やかな世界に身を置いていた。それが、昨今のSNSブームに乗り遅れてしまい、インスタグラマーと呼ばれる新勢力にスポットライトを奪われてしまう。いまをときめく人気インスタグラマー・エレナへの嫉妬。人気ユーチューバー染谷へのすり寄り。女性誌副編集長・平沢さんの手のひら返し……などギョーカイ「あるある」的な話が随所にちりばめられ、そのリアリティーあふれるストーリーにどんどん引き込まれていく。

■あまりにもリアルな臨死体験の世界

 キラキラ女子ながら、オカルトや陰謀論が好きな元カレの影響で、たびたび悶々と苦悩するレミのもとに出現したのがイルカの守護霊・ヌルランだ。

「ヌルランは普通のイルカではなく、高次元のイルカなんです。しかも、おしゃれが大好きなゲイのイルカ。レミを都会の闇から救ってくれる存在です」

 前半は落ち目のブロガーの日常と、突如あらわれたヌルランとのやりとりで物語は進んでいく。さすがに高次元のイルカだけあって、なかなか鋭いアドバイスを授けてくれる。《スイーツや甘いラテの快感は長くは続かない。血糖値は急激に変化するから心が不安定になる》《誰かに苛立つってことは、自分の中に同じ要素があるってことだよ》《首から上で考えてばかりだから顔にしわができるんだよ》etc.……。あまりに具体的すぎて、つい守護霊ということを忘れてしまいそう! 作中ではブログ読者へのお悩み相談も始めるヌルランだったが、こんな頼れる守護霊ならば自分にも憑いてほしい! と誰もが思ってしまうだろう。

「でも、イルカにもいろいろいるみたいなんです。こちらがネガティブだったり波動が低かったりすると、高次元ではないちょっと低いレベルのイルカのスピリットが引き寄せられることもあるらしいですよ」

 そういえば、小説の中のヌルランも、突然「僕は水族館にいた、ただのイルカ」と告げたりもしていた。つまり、自分次第で憑く守護霊のイルカのレベルも変わってくる、ということかもしれない。

 読み進めていくうちに、レミはいつしか生死を彷徨(さまよ)うこととなり、読んでいるこちらも死後の世界へと引き込まれてしまう。現実の世界、しかも華やかなマスコミ業界と霊界が交錯するなんとも言えない不思議さの中、これが現世の話なのか妄想なのか、だんだんわからなくなる感覚。スピリチュアルな世界にさほど詳しくない人でも、自然な流れで入り込めてしまう展開だ。辛酸さん自身が日ごろからスピリチュアルの世界を探求しているからこその自然な流れなのだろう。霊界にうとい人にも擬似体験ができる描写力はさすが!

 ネタバレになってしまうので詳しくは書けないけれど、さんざん生死をさまよったレミは、いよいよ最後の決断をします。キラキラ輝いた消費世界から少しずつ落ちぶれた悲しきブロガーの末路はいかに?

 天国へ行くのか地獄へ行くのか、あるいは……!?

■ライターは見た!著者の素顔 

 毒っ気のあるコメントや、辛辣だけれども的を射たディスりからは想像もできないほど、可愛らしくて華奢(きゃしゃ)な辛酸さん。話し方もとても優しく、か細い声で囁(ささや)くように話してくれました。もしかして、守護霊ヌルランが憑いているのではなく、辛酸さん自身が誰かの守護霊なんでは? と思ってしまうほどでした。皇室ウォッチャーとして眞子さまの動向を気にされているのが印象的でした!

PROFILE●しんさん・なめこ●漫画家、コラムニスト。1974年東京都生まれ、埼玉県育ち。鋭い観察眼と独自の妄想力で世間に物申す。皇室から芸能界、スピリチュアル世界など興味対象は多岐にわたる。著書に『大人のコミュニケーション術 渡る世間は罠だらけ』(光文社新書)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある。

(取材・文/アリス美々絵)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

CMで話題の“変顔姫”、正体は20歳のモデル系女子「印象に残れて嬉しい」(オリコン) – Yahoo!ニュース

 この夏、大量にOAされているスマホゲーム『戦国布武(せんごくふぶ)~我が天下戦国編~』のCM。こちらで、「せ … …