Home モデル 速報:常時表示画面のApple Watch Series 5発表。ウワサのセラミックとチタンケースモデルも – Engadget 日本版

速報:常時表示画面のApple Watch Series 5発表。ウワサのセラミックとチタンケースモデルも – Engadget 日本版

22 second read
0
14

外装には、以前より噂のあったセラミックとチタン素材のモデルも加わります。

Always-on Retina Displayのメリットは「触らずとも、常に文字盤が表示されている」と状態が実現できる点。これにより、いわゆる「時計の代替として使える」モデルとなりました。

この実現に大きく貢献しているのは、低消費電力化を達成する新技術、『Low Temperature Polycrystalline Oxide』(LTPO)技術によって製造された液晶によるもの。

LTPOベースの液晶自体はSeries 4でも採用されていましたが、Series 5ではこれを駆動するドライバー回路や、電力管理ユニットのさらなる改良、非アクティブ時のリフレッシュレート低減(液晶の書き換え回数を減少させることによる省電力化)など、Series 4以上の消費電力低減技術が導入されています。

対して、気になるバッテリー駆動時間は公称で18時間と、Series 4と同等。画面の常時オンにより本来は短くなるところですが、こちらでも細かな省電力技術の蓄積により同等をキープします。

Apple Watch Series 5

基本アプリでは、コンパスの内蔵がポイント。またセルラー対応版は、近くにiPhoneがなくても、150か国以上でApple Watchから緊急サービスを直接呼び出せる「国際緊急通報機能」も搭載します。
Apple Watch Series 5

このようにApple Watch Series 5は、これまでユーザーから熱望されてきた常時画面表示を実現した、ある意味では非常にエピックメイキングなモデル。機能的にも、WatchOS 6がさまざまな新機能を搭載している点も手伝って、(今回も)注目できるものとなっています。

今回大幅な値下げを発表したSeries 3と合わせて、Apple Watchのさらなる人気の立役者となりそうです。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

CMで話題の“変顔姫”、正体は20歳のモデル系女子「印象に残れて嬉しい」(オリコン) – Yahoo!ニュース

 この夏、大量にOAされているスマホゲーム『戦国布武(せんごくふぶ)~我が天下戦国編~』のCM。こちらで、「せ … …