Home モデル 金子大地×石川瑠華、写真家と読モの恋描く「猿楽町で会いましょう」が始動(コメントあり) – ナタリー

金子大地×石川瑠華、写真家と読モの恋描く「猿楽町で会いましょう」が始動(コメントあり) – ナタリー

8 second read
0
44

金子大地石川瑠華の共演作「猿楽町で会いましょう」の製作が決定。6月17日より撮影が行われる。

本作は、駆け出しのフォトグラファー小山田と読者モデル・ユカの関係を軸にした物語。2人は撮影をきっかけに出会い付き合い始め、東京・猿楽町で撮った作品がコンテストで受賞し周囲に認められていく。しかし小山田がユカの元恋人の存在を知ったことから、次第に彼女の言動を疑うようになるさまが描かれる。

オフィスクレッシェンドが主催する、3分以内の予告編を対象とする映像アワード「第2回未完成映画予告編大賞 MI-CAN」でグランプリを獲得した本作。監督と脚本はこれが商業映画デビュー作となる児山隆が担当する。

児山は「素晴らしい(本当に)スタッフの皆さんに、最高な(とんでもなく)キャストが集まりました。この最高なメンバーと一緒に面白い映画をつくりに行ってきます」とコメント。そして小山田役の金子は「3分間の予告から生まれたこの作品がどう大きくなっていくのか、その過程を小山田という役を通して見れることが僕自身とても楽しみです」と撮影を待ち望み、同作の予告編に続きユカを演じる石川は「私の役は嘘ばかりつく女の子。そんな彼女と今作品を通して、真正面からぶつかりたいと思っています」と意気込んだ。

児山隆 コメント

僕はわりと映画が好きでよく映画を観に行くんですが、そんな僕が「観たい!」という映画にどうやらなりそうです。素晴らしい(本当に)スタッフの皆さんに、最高な(とんでもなく)キャストが集まりました。この最高なメンバーと一緒に面白い映画をつくりに行ってきます。

金子大地 コメント

「猿楽町で会いましょう」の予告編を観たとき、石川さん演じるユカに惹きこまれて、物語がますます気になりました。また、脚本を読んだときは、恋愛をしたような気分と、怒りと、何かもどかしい感情が生まれました。この作品に参加できることが凄く嬉しいです。3分間の予告から生まれたこの作品がどう大きくなっていくのか、その過程を小山田という役を通して見れることが僕自身とても楽しみです。

石川瑠華 コメント

予告編「猿楽町で会いましょう」は、私の初めての映像の現場でした。当時たくさん支えてくださった監督、スタッフの方々と再会でき、こうして「猿楽町で会いましょう」を映画化できることが本当に嬉しいです。私の役は嘘ばかりつく女の子。そんな彼女と今作品を通して、真正面からぶつかりたいと思っています。力強いキャストの方々も加わり、撮影が楽しみです。最後まで児山監督を信じて頑張りたいと思います。

神康幸(「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」事務局リーダー、オフィスクレッシェンド取締役副社長COO)コメント

3分の「未完成予告編」から、とんでもない作品が産声を上げようとしている。脚本を読んでいると、ヒリヒリとイタイ。だけど、今のシブヤのリアルが、そこにある。金子さんと石川さん。願ってもないキャスト布陣の凄まじい演技バトルが体験できそうだ。そして、児山監督の映像マジックに酔いしれていただきたい。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【鈴鹿10時間 2019】アウディ、最新のRSモデル「RS 5 スポーツバック」公開 – Car Watch

アウディ最新のRSモデル「RS 5 スポーツバック」  アウディ ジャパンは8月24日、8月27日に発売する新 … …