Home ユーチューバー 金日成バッジつけない案内役も 「北朝鮮ユーチューバー」が伝えたいこと、元平壌特派員が映像を読み解く(GLOBE+) – Yahoo!ニュース

金日成バッジつけない案内役も 「北朝鮮ユーチューバー」が伝えたいこと、元平壌特派員が映像を読み解く(GLOBE+) – Yahoo!ニュース

8 second read
0
65

北朝鮮の映像を流しているユーチューブのチャンネルは「NEW DPRK」と「Truth」。2017年ごろから映像の配信を始めた。

異色なのはその中身。北朝鮮が過去、紹介してきた映像は、金日成主席の生家や主体思想塔、あるいは最高指導者の公開活動など、体制を称賛する政治目的を伴うものばかりだった。公開も朝鮮中央テレビなど主に国内に向けたメディアに限られていた。

また、こうした場所にはチマ・チョゴリを着た案内員がいて、来場者に対して建物の政治的な意味や背景を解説し、最高指導者を褒めたたえていた。

ところが、ユーチューブが伝える映像は、絶叫マシンが売り物の凱旋青年公園遊園地、イタリアンレストラン、テコンドー教室、学校、スーパー、一般家庭など。映像も1~10分程度で、比較的短いものがほとんどだ。

案内役の女性は洋服姿で、北朝鮮では着用が義務づけられている金日成バッジを着用しないこともしばしばある。スーパーに案内する時は「近所なので1週間に2、3度利用します」と語り、日常生活を強調する。

出演者は流暢な英語を操る。朝鮮語で語る場合は、必ず英語の字幕がつく。ユーチューブを使った公開自体、北朝鮮国外へのアピールという思惑がのぞく。北朝鮮のテレビ放映を禁じる韓国でも、北朝鮮当局の作品かどうかがはっきりしないこともあり、これらのユーチューブを個人的に視聴することを禁止できないでいる。

スイスに留学経験がある金正恩朝鮮労働党委員長は過去、西洋文化を取り入れた施設の建設を命じてきた。映像も正恩氏が関心を払ってきた西洋レストランや乗馬場、金正恩氏が名前をつけた北朝鮮プロサッカーチーム「ヘップル(たいまつ)体育団」などを紹介しており、結果的に正恩氏の政策を宣伝する格好になっている。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

デンソーテン、ドラレコ内蔵カーナビ「録ナビ」2021年モデル – Car Watch

 デンソーテンは、「ECLIPSE(イクリプス)」カーナビゲーションシステム「AVN」から、ドライブレコーダー … …