Home ユーチューバー 風景写真家はこうしてユーチューバーになった – fotoshin|論座 – 朝日新聞社の言論サイト – 朝日新聞社

風景写真家はこうしてユーチューバーになった – fotoshin|論座 – 朝日新聞社の言論サイト – 朝日新聞社

8 second read
0
40


拡大

「一枚の写真」で心が動かない!

 カメラを始めたころは「写真は一枚で語るものだ」と強く信じていた。

 もちろん今でも撮影時に強く意識していることである。

 写真家として言葉を使わず一枚の写真から物語を伝えることは憧れであり、一つの目標である。

 けれども、時代はものすごい勢いで変わった。

 誰もが自ら撮影した写真を簡単に共有できるSNSが全世界に広がった。気がつけば私も何の抵抗もなく日常的に使うようになった。

 自ら撮影した写真をいとも簡単に公開し世界へ発信できる。世界中の人々の写真を自由に覗くこともできる。

 画面をスクロールすれば瞬時に世界中の美しい写真達に出会える。まるで写真展に来ているようにワクワクした気持ちになる。

 スマホやパソコンに溢れかえる写真。プロもアマチュアもない。多くの人の心をつかむ写真がものすごい勢いで拡散し、さらに多くの人の心をつかんでいく。

 そうした世界に、私もしばらくは浸っていた。

 物足りなさを感じるようになったのは、いつごろからだろうか。

 どの写真も確かに綺麗だ。でも、心を揺り動かすほどの感動が湧かないのだ。

 自分の感性が麻痺してしまったのだろうか。

 その物足りなさを、他者の写真だけではなく、自分が撮影した写真にも感じるようになったのだ。

 いったい、写真の価値は何によって決まるのだろう。

拡大日本の美しい文化を映し出す星峠の棚田、異世界に導かれるような不思議な朝を過ごす

 風景写真を始めた3年前、価値のある写真とは「綺麗な写真」「海外っぽい写真」「人から評価される写真」といったものと漠然と思っていた。

 SNSで短時間に大量の写真を目にする環境に慣れると、ますます「綺麗さ」「かっこよさ」への欲求は増していった。自分の撮った写真も「とにかく綺麗に仕上げよう」「カッコよく仕上げよう」と思うようになった。

 しかしある時、SNSの写真のほとんどは背景の物語がないことに気づいた。どんな環境で、どんな想いで撮影されたのか。当たり前のように綺麗な写真がそこにあることになんとなく違和感を抱き始めたのだ。

 それらを見れば見るほど、1枚の写真から受ける感動は減ってしまう気がした。写真は1枚で語るものだ――という信念が揺らぎ始めたのだ。

 海外のある写真家の動画と出会ったのは、そんな時だった。その動画が、私の風景写真に対する価値観を大きく転換させることになる。

拡大北アルプス白馬三山を温かい光が包み込む極上の朝、想像を超える自然の美に心震わす

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

あなたのインスタストーリーが知らないロシア人に見られているワケ – TechCrunch Japan

Instagram(インスタグラム)を使っている人は、ここ数カ月、多くの知らない人が自分のストーリーを閲覧して … …