Home ブロガー 高校を退学してブログ運営?!月200万稼ぐぶんたさんとは

高校を退学してブログ運営?!月200万稼ぐぶんたさんとは

14 second read
0
31

ぶんささんのブログはこちら

https://www.buntadayo.com/

 

今回紹介するのは、高校中退してからの起業という異色すぎる経歴の持ち主なぶんたさんです。

 

ぶんたさんってどんな人?

 

家族構成はお父さん、お母さん、ぼく、弟、弟、弟。

そう、全員男の4人兄弟なんです笑

お父さんは真面目で厳格、怒るとやっぱり恐い。

お母さんも真面目で保護者会などの父母の会ではリーダーシップを張るタイプ。

 

実は小さい頃からずーっと俳優を目指して芸能界にいたんですよ。

有名どころの作品だと「ほんとにあった怖い話」とか「クックドゥ」のCMとかに出てました。

ぼくの本名で調べるとwikiが出てくるくらい笑

 

ぶんたさんは何と子役だったみたいですね。

稽古やオーディションなど、周りの子ども達が遊んでいる時もお仕事に向けた努力を続けていたんですね。

そこまで珍しい経歴があれば、ブログにも活かせそうな気がします。

 

学生時代

 

地味に頭が良かったぼく。市内の公立中学校の中でトップの偏差値を誇る学校でした。

そんな周りの影響もあって勉強も楽しくやっていた中学時代はなんだかんだ楽しかったです。

先生には偏差値の高い新学校を勧められたのですが、「挑戦してみたい!」という気持ちが高まり新設される総合学科の高校に入ります。

ぼくのささやかな挑戦とは、新設校で初代生徒会長になることでした。

そんな挑戦も無事叶い、全校生徒の過半数の票をもらって無事生徒会長に就任。

今までのカタイ生徒会のイメージを壊すため、明るく楽しい生徒会を目指して、面白くて楽しい人を演じました。

 

自分なりの考えをきちんと持ち、それに沿った行動で、自分の芯を貫き通しているぶんたさんの原点があるような気がします。

挑戦し続けた結果、目標を実現するのはブログでも必ず必要な経験です。

 

高校卒業寸前に退学し起業

 

とりあえずぼーっと続けていたバイト。

やりたいことは見つからないし、大学に行く気力もなくなってしまった。

それに企業の中で働いている自分も想像できない。

悩みに悩んだぼくは最終的にこんな結論を出します。

「あ、そうだ。社長になろう」

突拍子もない考えですが、僕は自分で会社を立ててしまえば良いじゃないかと思ったんです。

そうと決めてからは早かったです。

とにかく身の回りでお金になりそうなことを見つけ、会社の立て方をネットで調べ、起業に向けて走り出しました。

起業を考え始めたのが高校3年生の秋頃。

そして、半年後の3月上旬。

ぼくは高校を中退し、国から300万の借金をして、ケータリング・イベント事業を行う会社を設立しました。

 

今では人気ブログ運営者

 

周りの声は過激さを増しますが、ぶんたさんは一切気にせず自分の作業に集中したんだそうです。

 

その結果いまでは月に200万相当(憶測)を稼ぐ大人気ブロガー、というかフリーランスでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

本田翼、「MORE」モデルへの決意つづる

女優でモデルの本田翼(26歳)が7月21日、自身のInstagramで、ファッション誌「MORE」のレギュラー … …