Home モデル '18最ブレイク女優・今田美桜が見据える未来「2019年は、さらに一歩一歩進んでいきたい」 – ニフティニュース

'18最ブレイク女優・今田美桜が見据える未来「2019年は、さらに一歩一歩進んでいきたい」 – ニフティニュース

8 second read
0
73

2018年は、「世界で最も美しい顔100人」に選ばれ、「Yahoo!検索大賞2018」でも女優部門賞を受賞するなど、ドラマに雑誌にCMに引っ張りだこだった今田美桜(いまだ・みお)。

今や”時代の顔”ともいえる彼女が、1月4日発売の『週刊プレイボーイ3・4合併号』の表紙&巻頭カラーに登場。この一年を振り返り、新年への思いを語る。

■今田美桜の年越しは?

――まさに、時の人ですね。

今田 ありがとうございます。自分でもこんなにいろんな媒体に出させていただける日が来るとは思っていなかったです。

――今田さんが表紙を務める今週の週プレは年始一発目の号、しかも合併号です。

今田 そうですね、読者の皆さま、明けましておめでとうございます。一番最初に週プレさんにグラビアを撮影していただいて、そこから1年半がたちました。新年最初の大切な号の表紙に選んでいただけるなんて、なんだか感慨深いです。これまでのいろんな記憶が浮かび上がってきます。

――この1年半で、今田さんを取り巻く環境も大きく変わりましたもんね。2018年で、一番記憶に残っている出来事を挙げるとしたら?

今田 本当に印象的だったことが多すぎて……、決められないですね。週プレさんから出していただいたファースト写真集『生命力』(集英社)も、私の大切な思い出です。

――ありがとうございます。

今田 今回の撮影もカメラマンの松岡一哲さんに今までの私とは違うテイストで写真を撮っていただいてとても新鮮でした。衣装も大好きでしたし、撮影場所もシンプルなスタジオだったので、集中していろんな自分を出せたと思います。

――写真、きれいでした。ちなみに今田さん、年末年始はいつもどのように過ごすんですか?

今田 外で「3・2・1、ハッピーニューイヤー!」みたいなカウントダウンをするタイプではなくて、家でテレビを見て過ごします。『紅白歌合戦』とダウンタウンさんの『ガキの使い』を行ったり来たりして、そのまましっぽり新年を迎えます。家族と静かに「あ、明けたね〜」って言いながら、年越しそばを食べる。三が日はおばあちゃんの家に行って、おせちを食べて……という感じです。

――正統派の”家年越し”ですね、今田さんらしいというか。

今田 年賀状とかも、昔はしっかり自分で写真とか文字をレイアウトして作ってましたね。でも年賀状って難しいですよね、「この人には出していいのかな」って思いながら出すと、1月5日くらいに返事が来たりして、「あぁ、気を使わせてしまったな」ってなったり。

――あるあるですねぇ。

今田 でもやっぱり、送るのは好きでしたね。

■仕事では振り切りたい

――1月6日からは、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)が始まります。高校を舞台にしたサスペンスモノの今作で、今田さん演じる諏訪唯月(すわ・ゆづき)は、クラスの憧れの的のスーパー読者モデル。演じてみての感想を教えてください。

今田 唯月はクラス内での影響力も強くて、ズバッと意見を言えるコなんですが、対照的に私は高校生の頃、あまり自分の意見をはっきり言わないタイプだったんです。だからいい意味で演じていて新鮮ですね。私がセリフを言うと、役柄的にクラスメイト全員がこっちを向くんです。あの感じが、お芝居の中ではあるんですけど本当に緊張するんですよね。「みんなにすごく注目されてる!」って。高校生の頃、そういう体験をしていなかったから、よけいにドキドキしますね。

――永野芽郁さんや川栄李奈さんなど、以前共演されたことのある女優さんも出演しています。

今田 そうなんです。これまで出演させていただいたドラマは初めてお会いする方と共演することが多かったので、現場に入ってからしばらくは「何を話そう……」って、人見知りをしてしまっていたんですが、今回は最初の撮影から比較的リラックスして臨めています。週プレに出ている大原優乃ちゃんともこの前の撮影で初めて会いました。あの雰囲気と声に癒やされますよね。一緒によくお仕事をさせていただいているヘアメイクさんが、優乃ちゃんとも何度かお仕事をされてて、その方の話で盛り上がりました。

――「2018年最ブレイク女優」ともいわれる今田さんですが、2019年に入ってもその勢いはどんどん増していきそうです。今年はどんな一年にしたいですか?

今田 この一年、いろんなジャンルのお仕事に挑戦させていただいて、本当に充実しているって思えています。身も心も、どんどん変わっていっていると感じます。どの現場でも発見があって、勉強になることがあるんです。グラビア撮影でも、ストリート系のブランドの撮影でも、ガーリーな女性誌の撮影でも、ドラマの撮影でも、それぞれの撮影のテーマを自分なりに考えながら入り込んで撮影するのが刺激的で、その日その日で違う「誰か」になれるのが面白いんです。もともとお芝居も「自分じゃない誰か」を演じることが楽しくて始めたので、そのチャンスをいただけていることもありがたいですし、うれしい。

――どんどん写真の切れ味も増していっていると感じます。今回の巻頭グラビアの2、3ページ目の表情など、特に印象的でした。

今田 お仕事では、振り切りたいと思っています。強い表情なら、思い切り強くしたいし、甘い表情なら思い切り甘くしたい。2018年にたくさん勉強させていただいたことを生かして、2019年は一歩一歩進んでいきたいです。

●今田美桜(いまだ・みお)
1997年3月5日生まれ 福岡県出身 身長157? B86 W58 H83
◯1月6日(日)から放送予定のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系、毎週日曜22時30分〜 *初回のみ22時〜)に諏訪唯月役で出演予定。

撮影/松岡一哲

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

シャープ、「ロボホン」新モデル 見守りや観光案内 – 日本経済新聞

シャープは18日z … …