Home その他 1ケ月でフォロワー4万人越えのガッキー? 丁寧に暮らす“餓鬼”の日常|オリコンニュース|徳島新聞 – 徳島新聞

1ケ月でフォロワー4万人越えのガッキー? 丁寧に暮らす“餓鬼”の日常|オリコンニュース|徳島新聞 – 徳島新聞

13 second read
0
15

ガッキーの日常ツイートから意外と気づきも多い(キャプチャー:丁寧な暮らしをする餓鬼 @gaki_teinei)

 平安時代末期~鎌倉時代初期に「餓鬼道」を描いた絵巻物のようなタッチのイラストを投稿しているアカウント「丁寧な暮らしをする餓鬼(@gaki_teinei)」が、じわじわとTwitter上で話題を集めている。1日に数回カタカナでカタコトに書かれたひと言とイラストが投稿されると、フォロワーから次々といいねやRT等が寄せられる。餓鬼でありながら、世相にも敏感で台風対策や、献血ポスターも自作。今では“ガッキー”の愛称もつき、人気キャラクターになりつつある謎多き彼と“丁寧な暮らしをする餓鬼をよく知る人”に、SNS上で人間と交流することについて聞いてみた。

【画像】お坊様や医療クラスタ…ガッキーの丁寧な暮らしぶりに各界がザワザワ

■見た目がちょっと怖い…そもそも“餓鬼”って?

 今年の秋の彼岸時期である9月21日に初投稿をした“丁寧な暮らしをする餓鬼”。初投稿は、「ぱっちわあく」と描かれたイラストで、続くツイートには「ツイッター……ハイジメマシタ……ガンバル……」と意気込みを語った。突然始まった同アカウント、開設の理由を餓鬼に聞いてみると「テイネイナクラシヲ……ミテモライタクテ……」との回答が。

 そもそも「餓鬼」とは、人間が生まれ変わり死に変わりを果てしなく繰り返す世界である“六道(ろくどう)”の中にある「餓鬼道」に生まれた者のことを指す。餓鬼は飢えと渇きに苦しみ食べ物は食べられず骨と皮ばかり。ギョロっとした目とぽっこり出たお腹で、不気味な見た目だ。いつもお腹を空かせ“丁寧な暮らし”とは縁遠いように思うが、このアカウントで見る餓鬼は、どこか余裕さえ感じる。

 総菜の仕込みをしたり、弁当に食べ物をきちきちに詰めたりと、自身の暮らしぶりを披露する餓鬼。「なんだこのアカウントは」「こういうアカウントを見つける度ツイッターを辞めるのは無理だと思わされる」と、彼のツイートを見つけたユーザーたちは思わずシェアしたくなるシュールなつぶやきの数々に、フォロワーが徐々に増えていった。

 気づけば1ケ月ほどで4万人フォロワーを超えた同アカウント。この反響について餓鬼に聞いてみると「チョット……ヒイテル……」と驚いている様子。“丁寧な暮らしをする餓鬼をよく知る人”によれば、この餓鬼は地獄絵図を参考に描かれたオリジナルモデルの餓鬼。本来は食べ物を食べられない餓鬼だが、自分でせっせと作った料理はお坊様に教えていただいた経文を唱えて食事することができるようだ。

■防災対策にも一役? おばあちゃんの知恵袋的に学ぶところも多いツイート

 アカウント名の通り、餓鬼の暮らしは丁寧だ。ビニール袋を三角に折って収納したり、茶ガラを利用して掃除をするなど生活力の高さが伺える。そんな様子に「私よりかなりマメ」「見習わなきゃ」と餓鬼から自分の生活を見直そうとするフォロワーも。

 先日全国で猛威を振るった台風の前後には、側溝の掃除、非常用品の確認、飛びそうなものは家の中へしまうなど、台風前にやるべきことを投稿。台風対策として話題になった窓へのテープ貼りは、不安要素も交えてさらに上から板を打ち付けるなどリアルタイムで防災情報の発信を続けていた。

 その結果、同ツイートには2万以上のいいねがつき、「参考になります!」「素晴らしいね」とのコメントも。そのあまりの反響に「ボウサイアカウントデハアリマセン……」と本人がつぶやく始末。後日、備蓄のために冷凍した鮭をマリネにするツイートもあり、食べ物や家を大切にする餓鬼からの学びは多い。それも飢えに苦しんだ経験のある餓鬼ゆえのことなのか(?)。

■裏テーマは「SNSで自己実現を見出す“現代の餓鬼”」だった!?

 餓鬼に改めてアカウントの目的を聞いてみるとこんな答えが。

 「モット……テイネイナクラシ……ミテホシイ……」

 餓鬼は丁寧に暮らしながら、度々トレンドに乗った生活をみせることもある。例えば、スターバックス コーヒーに並んでみたり、ラーメンやスイーツの実物写真をアップして「ガッキー最近リッチやな」と突っ込まれることもある。

 もしかすると、この「丁寧な暮らしをする餓鬼」は食べ物に飢えている餓鬼ではなく、現代人が潜在的に持つ「自己顕示欲の渇望」なのかもしれない。何かに急かされ踊らされて暮らすのではなく、自分に正直に丁寧に生きる。

 実際に「なんかもう今日は丁寧とかいいや、な餓鬼」や「集中したいので今日は誰にも会いたくない餓鬼」と言ったツイートもあり、そんな言葉にフォロワーは癒される瞬間がある。

 そんな餓鬼に夢を聞いてみた。すると「トモダチガ……ホシイ……リアトモガ……イナイ……」という。初投稿から2日目の9月23日には唐突につぶやいた「オレ……ガッキー……」から、まだ1ヶ月と少ししか経っていない。今ではそれが定着し、フォロワーは気軽に「ガッキー」と呼び、存在感が増していっている。

 フォロワーからの“ガッキー”呼びに「シンプルニ……ウレシイ……」と喜ぶ餓鬼。今後、「自己顕示欲の渇望」が満たされ、餓鬼に真の友達ができるのか。見守りつつ、これからの暮らしぶりを楽しみにしたい。

徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【200台限り】『アナバスオーディオ』のWEB限定カラー「プレミアムシルバーモデル」、販売開始! – PR TIMES

株式会社ユーキャン(東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一)は、2019年11月14日、デザインにも音質にも … …