Home モデル '19ストリートスポーツ海外モデルの人気ランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】 – WEBヤングマシン

'19ストリートスポーツ海外モデルの人気ランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】 – WEBヤングマシン

1 min read
0
47

ヤンマシファン2300人の投票結果


その年のモデルから一般投票で人気ナンバー1を決めるガチ企画「マシン・オブ・ザ・イヤー」。逆輸入車など国内メーカーの輸出モデルから人気ランキングを決める「ストリートスポーツ海外モデル部門」は、ヤマハ YZF-R1/Mが’18以来のトップに返り咲いた。

●まとめ:沼尾宏明


<!–

googletag.cmd.push(function() googletag.display(“div-gpt-ad-1561714194564-0”); );

–>

<!–

googletag.cmd.push(function() googletag.display(“div-gpt-ad-1561714210239-0”); );

–>

KAWASAKI PLAZA

海外モデル部門〈概観〉カワサキ勢が逆転、総合部門と異なる順位変動に注目

総合部門2位のYZF-R1が、順当に海外モデル部門首位をゲット。’17年は1位、前回は2位に甘んじたが、再び栄冠を手にした。前回トップのNinja H2がビッグバイク部門に移籍したとはいえ、この強さは本物だ。 

これに、宿命のライバル同士であるNinja ZX-14Rとハヤブサが続いた。14Rは、総合部門でハヤブサの後塵を拝したものの、部門別ではキッチリお返ししているのが興味深い。4位はZ1000。こちらも総合で上位だったYZF-R6やGSX-R1000を押し退けて進出を果たした。

海外モデル部門 第1位:ヤマハ YZF-R1/M[641票]

’18以来のリベンジ達成!

総合2位の成績に続き、YZF-R1/Mが’18年以来2年ぶりに部門優勝にも輝いた。’18ではクイックシフターをダウン対応とし、電脳システムを最新型にアップデート。’19は色変更のみだったが、レースでの活躍もあり、最強スーパースポーツのイメージがすっかり定着したと言えよう。次期型も登場し、王座は安泰か?

ヤマハ YZF-R1/M

【MOTYストリートスポーツ 海外モデル部門 第1位 YAMAHA YZF-R1/M 獲得投票数641票】

【’20で丹念にリファイン】 ’15デビューの現行型が初の大変更を行う。心臓は新排ガス規制に対応しつつ、高回転域のトルク増を実現。センサー式スロットルを採用したほか、エンブレ制御などの電脳を強化した。車体は空力特性を5%改善し、R1Mはサスも刷新。ライバルをさらに突き放す。

ヤマハ YZF-R1/M

【’20 YAMAHA YZF-R1M】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 200ps/13500rpm 11.6kg-m/11500rpm ■202kg(装備) シート高860mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ※緒元は欧州仕様 ●YM予想価格:310万円前後 予想発売時期:’20年8月頃

海外モデル部門 第2位:カワサキ Ninja ZX-14R[383票]

逆襲を果たした音速の貴公子

200psのメガツアラー「Ninja ZX-14R」が、ついに国内導入終了。去りゆく旗艦に敬意を表してか、総合部門と同様、順位が大幅に上昇した。総合で敗れたハヤブサに部門別では見事雪辱を果たした格好だ。

カワサキ ZX-14R

【MOTYストリートスポーツ 海外モデル部門 第2位 KAWASAKI ZX-14R 獲得投票数383票】

【次がラスト!2色が発売中】正規輸入元のブライトから’20年型のファイナルモデルが入荷中。黒×ライム、白×赤の2色で、取り扱いはブレンボ+リヤオーリンズのハイグレードのみとなる。

カワサキ Ninja ZX-14R

【’20 KAWASAKI Ninja ZX-14R】 ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1441cc 200ps/10000rpm 16.1kg-m/7500rpm ■269kg(装備) シート高800mm 22L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●価格:190万3000円 ●販売中

海外モデル部門 第3位:スズキ ハヤブサ[371票]

登場11年目ながら不滅の人気

197馬力&15.8kg-mの大パワーに、流線形フォルムが今なお色褪せないハヤブサ。ZX-14Rに惜敗するも、前年と同じ3位をキープした。’08で2代目に進化して11年経過しながら、この人気は驚異的。新型への期待が膨らむばかりだ。

スズキ HAYABUSA

【MOTYストリートスポーツ 海外モデル部門 第3位 SUZUKI HAYABUSA 獲得投票数371票】

【北米で新色の’20年型が登場】日本と欧州では排ガス規制ユーロ4に対応せず生産終了したが、独自の規制を敷く北米ではいまだ販売中。’20年型として銀と真紅が登場した。

スズキ HAYABUSA

【’20 SUZUKI HAYABUSA US仕様】■水冷4スト並列4気筒 1340cc 197ps/9500rpm ■266kg(装備) シート高805mm 21L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●入荷予定なし

順位 得票数 メーカー 車名 前年順位
1 641 ヤマハ YZF-R1/M 2
2 383 カワサキ Ninja ZX-14R 9
3 371 スズキ ハヤブサ 3
4 279 カワサキ Z1000 Rエディション 6
5 246 ヤマハ YZF-R6 5
6 166 スズキ GSX-R1000 ABS/R 4
7 97 スズキ GSX-R750 8
8 71 スズキ GSX-S1000 ABS/F 10

’19年の人気マシンを2300人の一般投票で決めた「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー」。次ページではストリートスポーツビッグバイク部門のランキングを発表する。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

テレワーク用PCが今すぐ必要! メーカーにオススメ即納モデルを聞いてみた その1 – PC Watch

 政府は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する目的で、7つの都道府県に対して緊急事態宣言を発令。5月6日 … …