Home モデル 2018年のiPhoneは廉価版モデルでもiPhone 8並の価格に? 液晶は6.1インチの世界へ

2018年のiPhoneは廉価版モデルでもiPhone 8並の価格に? 液晶は6.1インチの世界へ

19 second read
0
212

 2018年は3種類のiPhoneが発売されるという見方が有力ですが、このうち廉価版モデルでも『iPhone 8』並の値段になるとの予測をKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏が発表しました。

 廉価版モデルのiPhoneは有機ELディスプレイではなく従来の液晶ディスプレイ(6.1インチサイズ)を採用しており、アルミフレームの筐体、iSightカメラ(リアカメラ)も1つ、ワイヤレス充電に非対応といった手法でコストダウンが図られています。

 しかしながらKGIではこのモデルが一番の人気になり、約1億台の出荷が想定されるとしています。

 実際のところ残りの2機種は『iPhone X』を進化させたモデルになるため、その価格は現在のiPhone Xの価格を超えるか、最低でも同じ価格帯になることは想像に難くありません。

 となるとユーザーが一番手が出しやすいモデルは上記の廉価版、ということになるでしょう。

iPhoneユーザーは大型液晶が標準に

 廉価版モデルのスペックについてもさまざまな興味があるでしょうが、一番大きな変化は2018年からiPhoneの標準の液晶サイズが大型化することです。

 iPhone Xはディスプレイの縁やインカメラやスピーカーなどのセンサー類をノッチ(切り欠き)に収めることによって、本体サイズはあまり変えることなく液晶サイズを5.8インチまで大型化させました。

 2018年の廉価版モデルのデザインはiPhone Xよりもノッチが小さくなったものになると言われており、そこまでは良いのですがその液晶サイズは6.1インチ。これまでよりも本体サイズが大きくなることは明らかです。

 そうなるとこれまでのケースは使えなくなりますし、フリーサイズの手帳型も場合によっては合わないことも考えられます。何より今着てる服のポケットのサイズギリギリ、という方はちょっと困ったことになりそうです。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

レノボ、ideapad 330/330Sに15.6型モデルを追加

 レノボ・ジャ … …