Home モデル 2018年下半期のiPhone、6.1インチのLCD搭載モデルが半分を占めるか

2018年下半期のiPhone、6.1インチのLCD搭載モデルが半分を占めるか

36 second read
0
308

iPhone Xの機能を保持しつつ、価格が大幅に抑えられた、「6.1インチのLCD搭載iPhone」が今年の下半期出荷されるモデルの50%に上る見込みであるとのことです。

LCD搭載モデルが出荷台数の半数を占めるか

Apple製品の情報通として知られるKGI証券のミンチー・クオ氏によれば、2018年秋に発売されるという5.8インチ、6.5インチのOLEDディスプレイ搭載iPhone2モデルと、6.1インチのLCD搭載モデルの計3モデルのうち、「6.1インチのLCD搭載iPhone」が出荷台数の50%を占めるとのことです。
 
クオ氏は6.1インチのLCD搭載モデルに関して以下のように言及しています。

2018年下半期に発売されるiPhone新モデルのうち、6.1インチのLCD搭載モデルが約50%を占める見込みは高いと思われる。6.1インチのLCD搭載モデルのスペックは、OLEDディスプレイ搭載モデルとは一致しないとみられており、6.1インチのLCD搭載モデルは、「スペックのアップグレード」や「平均販売価格の上昇」を目指すものではなく、「新規参入者」の獲得や「市場シェアの上昇」がテーマになるだろう。

クオ氏によると、6.1インチのLCD搭載モデルにはノッチ(切り欠き)部分が盛り込まれ、iPhone Xの廉価版のようなものになるとのことで、比較的低価格ながらFace IDなどの機能が利用可能になるとのことです。

LCD搭載モデルは「すべてがスクリーン。」ではない

6.1インチiPhoneのLCDは、OLEDディスプレイのように柔軟性に富んでいるわけではないため、iPhone Xのキャッチフレーズである「すべてがスクリーン。」ほどにデバイスの画面は拡がらないとみられています。
 
クオ氏によれば、6.1インチのLCD搭載モデルには長方形のバッテリーが採用される見込みであるとのことで、Unimicronが製造を担うとされています。
 
組み立てはPegatron、Foxconn、Wistronの3社が受け持つといわれており、そのうちPegatronが60%を占めると推測されています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

2018年下半期のiPhone、6.1インチのLCD搭載モデルが半分を占めるか

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【テスラ モデル3 2900km試乗】驚異的な性能だが、まだ万人にオススメはできない[後編] – レスポンス

テスラのミッドサイズセダン『モデル3』での2900kmロングドライブ。前編は旅を支える航続性能と充電に関してリ … …