Home その他 2020年上半期に最も再生された動画やチャンネルは?「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」 – PR TIMES

2020年上半期に最も再生された動画やチャンネルは?「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」 – PR TIMES

2 min read
0
42

本リリースにおけるランキングはTOP10のみを公開していますが、IPR(https://ipr.tokyo/)に登録いただいた方にはランキングTOP100までを公開予定ですので、ぜひこの機会にご登録ください。

今回発表するランキング結果は以下の通りです。
 

  1. 2020年上半期のYouTubeチャンネル総再生数ランキング
  2. 2020年上半期のYouTube動画再生数ランキング
  3. 2020年上半期の新規チャンネル登録者数ランキング

※2019年のランキング総括はこちら▶︎ https://ipr.tokyo/rpt/?p=3829

1. 2020年上半期のYouTubeチャンネル総再生数ランキング
2020年1月~6月の間に最も再生されたチャンネルのランキングです。

  

第1位 『東海オンエア』

愛知県岡崎市を拠点に活動する6人組グループの『東海オンエア』。チャンネル登録者数が540万人を超えた現在も毎月5〜10万人単位で登録者数が増え続けています。最近は、メンバーのりょうさんが地元・岡崎市でカフェをオープンするなど、YouTube以外にも活躍の場を広げています。

第2位 『Fischer’s-フィッシャーズ-』
2020年で結成10年を迎えるグループクリエイターの『Fischer’s-フィッシャーズ-』。体を張ったチャレンジ企画や仲間と楽しく盛り上がる動画が人気。音楽活動やテレビCMの露出も増え、YouTuberの枠にとらわれない活躍ぶりです。

第3位 『ヒカル(Hikaru)』
大炎上から華麗に復活を遂げた『ヒカル(Hikaru)』。上半期でチャンネル登録者数が約50万人増加し、変わらず成長を続けています。自身のアパレルブランドの展開や宮迫博之さんと共演したCMが話題になるなど多方面で活躍中。

【2020年上半期 チャンネル総再生数TOP10】
1位 東海オンエア
2位 Fischer’s-フィッシャーズ-
3位 ヒカル(Hikaru)
4位 HikakinTV
5位 HikakinGames
6位 マニマニピーポー
7位 はじめしゃちょー(hajime)
8位 モナ・リザの戯言
9位 水溜りボンド
10位 ヒューマンバグ大学_闇の漫画

2. 2020年上半期の動画再生数ランキング
2020年1月~6月の間に投稿された動画1本あたりの再生数のランキングです。

第1位 Official髭男dismの『「Official髭男dism – I LOVE…[Official Video]」』https://youtu.be/bt8wNQJaKAk
Official髭男dismの 『I LOVE』は、TBS系ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌として書き下ろされた楽曲。他にも2020年に公開されたミュージックビデオ『パラボラ』が800万再生以上、『最後の恋煩い』が300万再生以上(ともに2020年6月末時点)と、2020年もその人気は止まるところを知りません。

第2位 シュレッディングマシン-JAPの『「スイカと野菜を細かく切る」』https://youtu.be/XoZ0bvlWtTU
スイカや野菜を細断機に落としたらどうなるかを検証した動画。コメント欄を見るとほとんど日本語が見当たらないので、海外からの人気ぶりが伺えます。この動画以外にも1000万再生を超えている動画があるなど、マニアに人気の高いチャンネル。

第3位 放置少女- 公式チャンネルの『「放置少女x橋本環奈|TVCM第一弾 会えない時間が愛を育てる 30秒」』https://youtu.be/AlVcmQ8Waos
大人気ゲームタイトル『放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜』の30秒CM動画。30秒と短い動画ですが、クスッと笑える内容でコメント欄も盛り上がりを見せています。

また、10位にランクインしたTHE FIRST TAKEも注目度の高いチャンネルです。2019年11月に開設され、白いスタジオで一発撮りのパフォーマンスをする動画が人気。登録者数は約150万人で、毎月20〜30万人単位で登録者数が増えています。

今回の動画再生数ランキングの上位には、企業のCMやミュージックビデオが多くランクイン。コロナ禍による巣ごもり需要でYouTubeへの広告出稿が増えたり、家でYouTubeを見る時間が増えた結果が反映されたランキングとなりました。

【2020年上半期 動画再生数TOP10】
1位 Official髭男dism『Official髭男dism – I LOVE…[Official Video]』
2位 シュレッディングマシン-JAP『スイカと野菜を細かく切る』
3位 放置少女- 公式チャンネル『放置少女x橋本環奈|TVCM第一弾 会えない時間が愛を育てる 30秒』
4位 HOSOTCH『【Minecraft】音ブロックで「Astronomia (Coffin Dance meme)  Ver.Piano」 /noteblock/音ブロ/マインクラフト』
5位 Boram Tube Play『ボラム赤ちゃんを探して!!』
6位 アコム公式チャンネル『WEB限定CM「アツロイド」篇60秒』
7位 King Gnu official YouTube channel『King Gnu – Teenager Forever』
8位 笑顔のおもちゃ『サーシャはパパとママを赤ちゃんに変えた』
9位 YouTube Japan 公式チャンネル『#StayHome #GWも家で一緒に』
10位 THE FIRST TAKE『DISH// (北村匠海) – 猫 / THE FIRST TAKE』

3.2020年上半期の新規チャンネル登録者数ランキング
2020年1月~6月の間に新しく開設されたチャンネルの登録者数のランキングです。

第1位『エガちゃんねる EGA-CHANNEL』

「YouTubeでやりたいこと全部やってやる!おもしろいこと全部やってやる!」をモットーに、江頭2:50さんが体を張った企画を配信。2020年1月31日にチャンネル公開してから100万回再生を超える動画を連発。4ヶ月でチャンネル登録者数200万人を突破し、今後も注目が集まります。

第2位『佐藤 健 / Satoh Takeru』
2020年3月にYouTubeを開設し、ドライブ旅などのコンテンツが人気のチャンネル。錦戸亮さんと赤西仁さんの『NO GOOD TV』や神木隆之介さんとのコラボなど、芸能人とのコラボ企画も多く、テレビでは見られないオフの佐藤健さんを見ることができます。動画投稿数は少なめですが、一つひとつの動画の再生数は多く、注目度の高いチャンネルです。

第3位『川口春奈オフィシャル はーちゃんねる』
メイク、トレーニングからASMRやゲーム配信まで幅広いジャンルの動画を投稿。数ある動画の中でも、実家に帰省する動画は500万再生を超え、川口春奈さんの日常が視聴者に人気。最近はコロナ禍の影響からゲーム配信や自宅でできるトレーニングなどの動画が増えています。

【2020年上半期 新規チャンネル登録者数TOP10】
1位 エガちゃんねる EGA- CHANNEL
2位 佐藤 健 / Satoh Takeru
3位 川口春奈オフィシャル はーちゃんねる
4位 手越祐也チャンネル
5位 NAOMI CLUB
6位 マホトMAHOTO
7位 エガちゃんねる 〜替えのパンツ〜
8位 かまいたちチャンネル
9位 仲里依紗です。
10位 貴ちゃんねるず

BitStarでは「Influencer Power Ranking(IPR)」の開発を軸として、YouTubeやInstagramを対象に、インフルエンサーの影響力や投稿に関する実績情報などのビッグデータを収集・解析することで、企業様のマーケティングのサポートを行っています。

今回の調査結果を含め、さまざまなデータを保有していますので、お気軽にお問い合わせください。

====================

■「Influencer Power Ranking(IPR)」
URL:https://ipr.tokyo/
初回3日間はトライアルで全機能が無料で利用可能です。
※トライアル期間終了後もランキング閲覧など一部機能は引き続き無料でご利用いただけます。

■IPR REPORT
URL:https://ipr.tokyo/rpt/
マーケターの方へ向けて、インフルエンサー・マーケティングに関連する知見を発信するWEBマガジンです。

■株式会社BitStarについて
「その輝きを、加速させる。」
BitStarは、人が持つ輝きをコンテンツのパワーで加速させるテックカンパニーです。

株式会社BitStar(ビットスター)
所在地:東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル10F
代表者:代表取締役社長CEO 渡邉 拓
設立:2014年7月
事業内容:クリエイタープロダクション事業、コンテンツ制作事業、インフルエンサーマーケティング事業
・クリエイタープロダクション「BitStar」:https://bitstar.tokyo
・コンテンツスタジオ「BitStar Studio」:https://studio.bitstar.tokyo
・インフルエンサーマーケティング「BitStar Ads」:https://ad.bitstar.tokyo
・VR/VTuber研究所「BitStar Akihabara Lab」
コーポレートサイト:https://corp.bitstar.tokyo

■本リリースに関する問い合わせ
株式会社BitStar(ビットスター) 広報担当:坪井
MAIL:info@bitstar.tokyo
電話番号:03-4520-5777

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

インスタグラム、プラスサイズモデルの非難をきっかけにヌード写真に関するポリシーを変更 – ハーパーズ バザー・オンライン

インスタグラム(Instagram)と親会社のフェイスブック(Facebook)は、プラスサイズのモデルを巡る … …