Home モデル 2020年前半の新型車・モデルチェンジ情報。その人気度は?(Park blog) – Yahoo!ニュース

2020年前半の新型車・モデルチェンジ情報。その人気度は?(Park blog) – Yahoo!ニュース

27 second read
0
37

2020年前半の新型車・モデルチェンジ情報。その人気度を見てみよう。2020年の1~6月に国内メーカーが発売したフルモデルチェンジ車および完全な新規モデルは11車種。どんな車種が発売されたのかを振り返ってみると同時に、発売後約1か月の予約受注数、2020年前半の合計販売台数などからその人気をチェックしてみる。

【写真を見る】2020年前半に売れた車はどんなモデル?

 今回紹介するのは、2020年前半の新型車・モデルチェンジ情報。トヨタ、日産、ホンダ、三菱が2車種ずつ。そしてマツダとスズキとダイハツが1車種ずつだ。発売日順に紹介する。

より精悍なイメージとなったスズキの2代目「ハスラー」は安全性能も強化

発売日:1月20日
カテゴリー:軽自動車(クロスオーバーSUV・ハイブリッド)
車両型式:5AA-MR92S(NAモデル)/4AA-MR52S(ターボモデル)
排気量:直列3気筒・657cc(NAモデル)/658cc(ターボモデル)
燃費(WLTCモード):25.0km/L(市街地22.9km/L・郊外26.4km/L・高速道路25.1km/L)(※1)
車名の由来:「hustler」は活動家、やり手などの意味の英語。「あらゆることに行動的に取り組み、俊敏に行動する人」というイメージで、同車と重ね合わせたという。

※1 燃費値は、最も燃費性能に優れるグレードの「HYBRID X/HYBRID G」のNA・FFモデルの値。

 ワゴンとSUVを融合させた新ジャンルの軽自動車として、初代「ハスラー」は2014年1月8日に誕生。そして丸6年目が過ぎた2020年1月20日に、2代目へのフルモデルチェンジが実施された。2代目は、よりSUV的なタフなイメージの外見が特徴となって登場した。

 また機能面では、安全運転支援システム(予防安全機能)が強化され、夜間の歩行者に対応した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」などを搭載。またエンジンに関しては、NA車(ノンターボ車)用に「R06D型」エンジンが新開発された。そして全車が、マイルドハイブリッド車となっている(※2)。

 月販目標は6000台で、1か月の受注数は未公表だ。一般社団法人 全国軽自動車協会連合会が発表している「軽四輪車 通称名別新車販売台数」で販売台数を確認したところ、「ハスラー」の2020年前半(1~6月)の販売台数は3万7413台で(※3)、ランキングは第7位だった。

※2 マイルドハイブリッド:減速時にモーターで発電してバッテリーに蓄え、発進時にモーターでエンジンをアシストするハイブリッドシステム。EV走行機能はない。
※3 軽四輪車 通称名別新車販売台数では、初代や2代目といった区別なく集計されている。そのため、3万7413台の中には、初代(1月19日まで発売)が含まれている可能性もある。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「YouTubeはなぜへずまりゅう対策をしないの?」の誤解。もうユーチューバーとは呼べない状態(篠原修司) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

 迷惑行為を行っていることで知られる「へずまりゅう」として活動する男性が、渋谷のスクランブル交差点で布団を敷い … …