Home モデル 2020-2021年に注目された輸入コンパクトモデル。期待されたニューモデルの進化に要注目(Webモーターマガジン) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

2020-2021年に注目された輸入コンパクトモデル。期待されたニューモデルの進化に要注目(Webモーターマガジン) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

4 min read
0
94

存在化を示したフランス生まれのニューフェイス

【写真全15枚】日本で買える輸入コンパクトモデル一覧。
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZmargin-top:20px;
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGdwidth:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgddisplay:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMcowidth:25%;padding:0 8px;
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGYdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .ickGY:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .ickGY::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;.exrhXLdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .exrhXL:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .exrhXL::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;.jhZTmadisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .jhZTma:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .jhZTma::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;.KjZLfdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .KjZLf:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .KjZLf::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYqdisplay:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpddisplay:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYPmargin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmqdisplay:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbIborder-left:1px #3c4147 solid;
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRIdisplay:block;padding:0 10px;color:#fff; .JliRI:hovercolor:#fff;
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdydbackground-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visitedcolor:#639; .gaFnxp:hovercolor:#cc3434;

フォルクスワーゲン ポロやアウディ A1スポーツバック、さらにはMINIの3ドアハッチバック/5ドアハッチバックといったモデルたちが、このカテゴリーに属するいわば「メジャープレーヤー」にあたる。

そして、それらがみな時期的にモデルチェンジの狭間にある中で、2020年の日本マーケットで目立った話題を振りまいてくれたのは偶然にも、ともにフランス生まれの新型モデルたちであった。プジョー 208とルノー ルーテシアという、2台の5ドアハッチバックモデルだ。

とくに、2019年春に開催されたジュネーブモーターショーで発表され、2020年夏にルーテシアよりもひと足早く日本への導入が開始された208は「エンジン仕様とピュアEV仕様をまったくの同格として扱う」という新たなコンセプトも大きな話題を呼んだ。共通のプラットフォームを採用して、従来タイプのエンジンモデルとピュアEVの電動モーターモデルを並行して発表、そしてデビューさせたのだ。

プライスタグ上では、やはりピュアEV仕様が明確に高価であることは事実。けれども「補助金や燃料代までを考慮に含めれば、維持していく上でのコストは大差が生じないように配慮する」というのが、動力源の相違によってユーザーの負担が大きく変わってしまわないように考えられた

プジョー新型208ならではの特徴である。

進化とともに個性の魅力もこのセグメントでは重要

そうした動きとは裏腹に、誕生以来丸13年という歳月が経過をしながらも、愛らしいスタイリングと圧倒的なコンパクトさで、今なお根強い人気を誇るのが、イタリアのフィアット500だ。

ただし、実はこちら、本国ではすでに次期モデルへとフルモデルチェンジ済み。しかもそれは現状ピュアEVのみの設定で、現行型を受け継ぐエンジン仕様の計画があるのか否かは謎に包まれているという、将来的には不透明な状況にある。

そんなフィアット500と同様に、ちょっと先読みが難しいのが、2021年の日本再参入が発表されているオペルのモデルたちだ。新型であるトヨタ ヤリス、ホンダ フィットの登場で、突如大激戦区となった日本マーケットのA/Bセグメント。

そうした高いハードルが待ち構える日本のこの市場で、事実上の「新参者」であるオペルがどのような戦いを見せることになるのかも、興味津々である。(文:河村康彦)

Webモーターマガジン

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

大手企業は、なぜ TikTok より インスタリール を好むのか? – DIGIDAY[日本版]

2020年8月、Facebookはインスタグラムの新機能、リール (Reels)をロールアウトした。同社は同サ … …