Home モデル 2021年モデル「ディスカバリー・スポーツ」は473万円から。ドライバー支援システムが標準装備 | VAGUE | ヴァーグ – くるまのニュース

2021年モデル「ディスカバリー・スポーツ」は473万円から。ドライバー支援システムが標準装備 | VAGUE | ヴァーグ – くるまのニュース

39 second read
0
37

さらに乗りやすく、魅力的になった「ディスカバリー・スポーツ」

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、プレミアム・コンパクトSUV「ディスカバリー・スポーツ」の2021年モデルの受注を、2020年12月10日(木)より開始した。

2021年モデルの「ディスカバリー・スポーツ」は、473万円から

 2021年モデルのディスカバリー・スポーツの最大のポイントは、従来よりも24psアップした最高出力204ps、最大トルク430Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンが加わったことだ。マイルド・ハイブリッド・テクノロジー(MHEV)も採用されており、燃費も向上している。

 2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(「P200」:最高出力200ps・最大トルク320Nm、「P250」:最高出力249ps・最大トルク365Nm)と合わせ、エンジンタイプは3種類となり、全11機種ラインナップすることになった。

 また、下記のドライバー支援システムが標準装備化された。
・3Dサラウンドカメラ
・ブラインドスポットアシスト
・アダプティブクルーズコントロール
・クリアイグジットモニター
・リアコリジョンモニター
・リアトラフィックモニター

 さらに最新インフォテインメント・システム「Pivi」も標準装備となった(グレード「S」以上は「Pivi Pro」)。「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックには、専用の通信データプランが用意され、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを、スムーズで快適な通信環境下で、データ容量を気にすることなく使用することができる。

 新たに用意されたオプションには、多機能な空気浄化システムが挙げられる。これは、車外の空気の状況や車内の二酸化炭素量をモニタリングし、必要に応じて内気循環を作動させ、エアコン動作時にマイナスイオンを発生。またPM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターをつけるなどして、車内環境を常にクリーンに保ってくれるシステムである。

 ボディカラーは、新色のハクバシルバーを加え、フジホワイト、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、フィレンツェレッド、バイロンブルー、アイガーグレイ、ポルトフィーノブルー、カルパチアングレイ、シリコンシルバー、ナミブオレンジの全11色。

 車両価格(消費税込)は次のとおりだ。

・ディスカバリー・スポーツ D200:546万円
・ディスカバリー・スポーツ S D200:606万円
・ディスカバリー・スポーツ SE D200:644万円
・ディスカバリー・スポーツ R-DYNAMIC S D200:640万円
・ディスカバリー・スポーツ R-DYNAMIC SE D200:690万円
・ディスカバリー・スポーツ P200:473万円
・ディスカバリー・スポーツ S P200:533万円
・ディスカバリー・スポーツ SE P200:583万円
・ディスカバリー・スポーツ R-DYNAMIC S P250:610万円
・ディスカバリー・スポーツ R-DYNAMIC SE P250:659万円
・ディスカバリー・スポーツ R-DYNAMIC HSE P250:697万円

ランドローバー・ディスカバリースポーツ の中古車をさがす

Gallery:【画像】「ディスカバリー・スポーツ」の2021年モデルで標準となった装備を見る(18枚)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

インスタのフォロワー9000人超! 『ソラノイロ』宮崎氏に聞く「SNS集客の秘訣」 – Foodist Media

『ソラノイロ』の代表取締役・宮崎千尋氏(左) 「検索エンジンや口コミサイトではなくインスタグラムで飲食店を探す … …