Home モデル 3Dキャラクターモデルの共有プラットフォーム 「VRoid Hub」がサービス開始 – 4Gamer.net

3Dキャラクターモデルの共有プラットフォーム 「VRoid Hub」がサービス開始 – 4Gamer.net

2 min read
0
54


VRoid Hub
配信元 VRoid Hub 配信日 2018/12/21

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

3Dキャラクターモデルの
投稿・共有プラットフォーム
「VRoid Hub」提供開始。
〜3Dモデルをアップロードするだけで
キャラクターがブラウザ上で動き出す。
投稿された3Dモデルは利用条件のもと第三者も利用可能〜

 ピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区,以下ピクシブ)は,作成した3Dキャラクター(人型アバター)のモデルデータをアップロードし,各種VR/ARプラットフォームやアニメやゲーム等の3Dコンテンツ上でアバターや登場キャラクターとして利用できる投稿プラットフォーム「VRoid Hub(ブイロイド・ハブ)」を,2018年12月21日に提供開始いたしました。

VRoid Hub https://hub.vroid.com/

■VRoid Hubとは
 VRoid Hubは,作成した3Dキャラクターモデルを投稿して,他のユーザーと共有できるプラットフォームです。pixivアカウントによる会員登録を行うことで,どなたでも無料でお使いいただけます。
 VRoid Hubでは,3Dキャラクターモデルを投稿するだけでキャラクターが活き活きとアニメーションするプロフィールページを作成できたり,利用条件と共にモデルデータを配布することができます。また,投稿された3Dキャラクターモデルは,VRoid Hubと連携した各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上で利用することもできます。
 なお,VRoid Hubは日本語または英語でご利用いただけます。

■VRoid Hubの特徴
(1)3Dキャラクターモデルを投稿するだけで,キャラクターが活き活きとアニメーションするプロフィールページを作成できる

画像(005)3Dキャラクターモデルの共有プラットフォーム 「VRoid Hub」がサービス開始

<3Dキャラクターモデルのプロフィールページ>
 VRoid Hubには,ピクシブが提供する3Dキャラクターメイカー「VRoid Studio(※1)」や各種3Dモデリングツールで作成した,VRM形式(※2)のモデルデータを投稿することができます。投稿は,VRoid StudioやWebブラウザ上から行うことが可能です。
 VRoid Hubに3Dキャラクターモデルを投稿するだけで,キャラクターが活き活きとアニメーションするプロフィールページを手軽に作成することができます。「元気」「クール」「おしとやか」等,キャラクターの性格を表現できるモーションが多数用意されているため,「キャラクター」らしさによりこだわったプロフィールページを作成することができます。プロフィールページには名前や性格,キャラクターの設定や関連リンクなどを掲載することも可能です。
 従来,3Dキャラクターモデルを思い通りに動かしたり他の人に見せるためには専門的な技術や知識が必要でしたが,クリエイターはVRoid Hubに3Dモデルデータをアップロードするだけで,アニメーションと共にブラウザ上で簡単に拡大・縮小・回転してプレビューすることが可能になります。

※1 VRoid Studio:VRoid Studioは,人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できる,Windows・Mac用のアプリケーションです。誰でも無料で利用できるキャラクターメイカーで,モデリングの知識がなくても,直感的な操作で本格的な3Dキャラクターモデルを作ることができます。作成した3Dキャラクターモデルは,VR/ARコンテンツ内でアバターとして利用する等,商用・非商用を問わず,さまざまな用途に活用できます。 https://vroid.pixiv.net

※2 VRM形式:3Dアバター向け汎用ファイルフォーマット。VRMについて詳しくはこちら
https://dwango.github.io/vrm/

(2)利用条件を指定して,3Dキャラクターモデルを自分以外のユーザーに提供できる

画像(002)3Dキャラクターモデルの共有プラットフォーム 「VRoid Hub」がサービス開始

<3Dキャラクターモデルのプロフィールページに表示される利用条件設定>

画像(003)3Dキャラクターモデルの共有プラットフォーム 「VRoid Hub」がサービス開始

 VRoid Hubでは,3Dキャラクターモデルのプロフィールページを介して,他の人に3Dモデルデータを提供することも可能です。
 投稿された3Dモデルデータの著作権は作者に属しますが,作者は他のユーザーに対して,作者が設定した利用条件のもと,3Dモデルデータの利用やダウンロードを許可することができます。3Dキャラクターモデル制作者は,VRoid Hubを介して3Dモデルデータの利用を他の人に許可することで,自分が作ったキャラクターの活躍の機会を増やすことができます。

(3)投稿した3Dキャラクターモデルを各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ内で簡単に利用できる
 VRoid Hubと連携したサービスにpixivアカウントでログインすると,VRoid Hub上の3Dキャラクターモデルを使って連携サービスを楽しむことができます。

<VRoid Hubに投稿されている3Dキャラクターモデルは,SHOWROOM Vアプリで呼び出し可能>
 VRoid Hubは同日,SHOWROOM株式会社(本社:東京都渋谷区)が提供する,バーチャルキャラクターになりきってライブ配信ができるiPhone向けアプリ「SHOWROOM V」と連携開始いたします。これによりVRoid Hubに投稿された3Dキャラクターモデルは,クリエイターが定めた条件のもとSHOWROOM Vアプリでアバターとして遊ぶことができるようになります。

SHOWROOM V https://itunes.apple.com/jp/app/showroom-v/id1440259867

 この連携は,各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上からVRoid Hub上の3Dキャラクターを利用可能にするためのソフトウェア開発キット「VRoid SDK」を介して実現しています。

■VR/ARプラットフォーマー・3Dコンテンツ制作者向け開発キット「VRoid SDK」とは
 VRoid SDKは,VRoid Hubに投稿された3Dキャラクターのモデルデータを,各種VR/ARプラットフォームやアニメやゲーム等の3Dコンテンツ上で利用できる機能を提供する,ソフトウェア開発者向けキットです。VRoid SDKを利用すると,開発者はVRoid Hubに投稿された3Dキャラクターをダウンロード不要でサービス上に呼び出し,ユーザーが身にまとうアバターや,アニメやゲーム等の3Dコンテンツの登場人物として利用することができます。

<VRoid HubおよびVRoid Hub SDKの利用イメージ>

画像(004)3Dキャラクターモデルの共有プラットフォーム 「VRoid Hub」がサービス開始

 今後も,VRoid Hubと各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツとの連携を順次進めてまいります。VRoid SDKの導入による,3Dキャラクターの利用にご関心のある開発者の方は,ぜひ下記の窓口よりお問い合わせください。
 ピクシブはVRoidプロジェクトを通じて,誰もが個性豊かな自分のキャラクターを持ち,そのキャラクターを他者とのコミュニケーションや創作活動に活用できる世界の実現を目指しています。今後も,3Dキャラクターを利用したコンテンツをより多くの方に楽しんでいただけるよう,世界各国の開発者のみなさまと協同し,さまざまなサービスを提供してまいります。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

紗栄子がインスタグラムで次男の横顔写真を公開 「イケメン確実」と女性らが熱視線 – ニフティニュース

 モデルの紗栄 … …