Home モデル 5つの未発表iPadがEECデータベースに申請。廉価モデル新型がまもなく発売? – Engadget 日本版

5つの未発表iPadがEECデータベースに申請。廉価モデル新型がまもなく発売? – Engadget 日本版

28 second read
0
48

EECはロシアやベラルーシ、カザフスタンなどが属するユーラシア経済連合の執行機関。これらの地域で暗号化を使用するデバイスを販売する場合、リリース前にEECデータベースへの登録が義務づけられており、基本的に登録から数か月で発売されるのが恒例となっています。

新たなモデルの識別子は、インドのメディアMySmartPriceが発見。さらに米アップル関連情報サイト9to5Macがデータベースへのエントリを確認したかっこうです。

今回、申請が明らかになったモデル番号はA2197、A2228、A2068、A2198、およびA2230の5つ。いずれもシステムソフトウェアとしてiPadOS 13採用と記載されています。

ここ最近ではiPhone2018年モデルや、第5世代iPad miniおよび第3世代iPad AirもEECデータベースから手がかりが見いだされ、それから2〜3ヶ月で正式発表。そうした経緯もあり、これら新型iPadの発売も比較的近いものと推測されます。

そしてiPadシリーズのうち、Airもminiは上述の通り、今年に発売されたばかり。消去法で行くとすれば、iPad Proとエントリーモデルの第7世代iPadが候補に上ります。

とくに後者の第7世代iPadは、画面サイズが従来の9.7インチから10.2インチになると噂されており、先日も台湾の経済メディアが「7月から量産開始」との観測を報じたばかりです。

これら5つの未発表モデルが第7世代iPadの5つのバリエーションを意味するのか、それとも新型iPad Proの登場が近いのか。5G搭載も可能な折りたたみiPadも準備中かと報じられていましたが、アップルとしても専用となるiPadOSを用意しただけに、今後はいっそうiPadに注力する方針かもしれません。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

エコノミークラスへの文句でイットモデル、ウィニー・ハーロウのSNSが大炎上! – SPUR.JP

世界が注目する「まだら肌」の美しいモデル、ウィニー・ハーロウ(25)。ニューヨーク、ロンドン、ミラノなど、世界 … …