Home モデル 6.1インチ液晶iPhone、デュアルSIMモデルが追加?著名アナリスト予測

6.1インチ液晶iPhone、デュアルSIMモデルが追加?著名アナリスト予測

38 second read
0
312


 
2018年に発売が予測されている3モデルのiPhoneのうち、低価格帯の6.1インチ液晶モデルには、SIMカードが2枚挿せるデュアルSIMと従来のSIMカード1枚のシングルSIMの2タイプが用意される、と著名アナリストが予測しています。

3種類発売される2018年のiPhone

Apple関連の正確な情報を持つことで定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、現地時間4月18日に投資家向けに提供したメモで、2018年に発売されるiPhoneについて具体的な予測をしています。
 
クオ氏は以前、2018年のiPhoneについて、iPhone Xの後継となる5.8インチ有機EL(OLED)モデル、大型ディスプレイの6.5インチOLEDモデル、ミッドレンジの6.1インチ液晶モデルの3モデルで、いずれもホームボタンがないiPhone X風のデザインになると予測しています。

6.1インチ液晶モデルにはデュアルSIMとシングルSIMの2タイプ

今回クオ氏は、6.1インチ液晶モデルには、通常のSIMカード1枚モデルと、2枚のSIMカードを挿して使えるデュアルSIMモデルの2種類が用意される、と予測しています。
 
クオ氏は、デュアルSIMモデルは6.5インチOLEDモデルにも投入される可能性があるものの、5.8インチOLEDモデルには投入されない、との見解を述べています。
 
2018 iPhone コンセプトCurved

デュアルSIMモデルはシングルSIMモデルより1万円割高?

デュアルSIMモデルのiPhoneの価格帯は、SIMカード1枚のシングルSIMモデルよりも割高になるようです。
 
シングルSIMモデルが550ドルから650ドル(約6万円〜7万円)なのに対して、デュアルSIMモデルは650ドルから750ドル(約7万円〜約8万円)と、100ドル(約1万円)、というのがクオ氏の見立てです。
 
また、シングルSIMモデルは、中国市場や業務用途市場でのiPhoneのシェアを引き上げるのに貢献するだろう、と述べられています。

「6.1インチモデルは1億〜1.2億台売れる」と強気予測

クオ氏は6.1インチ液晶モデルの販売について、2018年第3四半期(7月〜9月)に1億台〜1億2,000万台が売れる、と強気の見通しを示しています。

 
 
Source:9to5Mac
Photo:CURVED
(hato)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

無料プランでも登録アカウント数無制限!ハッシュタグ投稿数・競合フォロワー数の推移を確認できるベンチマーク分析機能がインスタツール「スナップレイス解析」に登場 – 時事通信

[合同会社SNAPLACE] スナップレイスのインスタグラム運用・分析ツール「スナップレイス解析」に、ベンチマ … …