Home モデル 859gノートが「激レアCPU」で6コア化。Dynabookが2020年春モデル9シリーズを発表 – Engadget 日本版

859gノートが「激レアCPU」で6コア化。Dynabookが2020年春モデル9シリーズを発表 – Engadget 日本版

3 min read
0
11



シャープ傘下のPCメーカーであるDynabook株式会社が、2020年の第一弾となる新PC、9シリーズ14モデルを発表しました。新体制化と社名変更(2019年1月1日)から2年目を迎える同社の中核を担う製品となります。

今回の新製品群は、外観レベルなどは現行機を継承するものの、上位機種ではCPUの大幅速度アップが図られるなど、順当な性能強化を遂げています。とくに13.3インチ画面の高級モバイルノートPC『dynabook G8』(上写真)では、”スペシャルCPU”とも称されるインテルの『Core i7-10710U』を搭載するなど、お買い得度が大幅に増しました。

モバイルノートPCは
CPUがComet Lakeに

Dynabook G8 2020
▲dynabook G8のパールホワイトモデル。同社こだわりのキーボードユニットなども現行モデルを継承します

今回発表されたラインナップの中でも中心となるのは、dynabook Gシリーズ。13.3インチのフルHD解像度(1920×1080)画面で800g台の軽さと18時間オーバーのバッテリー駆動を実現しつつ、最上位機種でも予想店頭価格は20万円前後(Microsoft Office Home & Business 2019搭載で)と、モバイルノートPCに求められる軽さと長時間駆動、さらには高いコストパフォーマンスも兼ね備えた、バランスの良いモデルです。

グレードは3種類。最上位となる『dynabook G8』が店頭予想価格20万円前後、中位となる『dynabook G6』は同じく16万円台半ば、最軽量・廉価モデル『dynabook G5』が同14万円台半ばです。発売予定日は3グレードともに「1月24日から順次」。

本体カラーは、G8とG6がオニキスブルーとパールホワイトの2色、G5はオニキスブルーのみの1色です。なお、G8とG6は現行モデルと同様に色によって重量が違い、ブルーが約859g、ホワイトは約879gと、20g重くなります(G5は約779g)。

Dynabook G8 2020
▲パールホワイトモデルの左側面。電源端子は専用プラグですが、USB Type-C経由での給電も可能です

特徴は、全グレードでCPUがインテル製第10世代Core(開発コード”Comet Lake”)に世代交代した点。合わせて無線LANの世代も、Wi-Fi 6(802.11ax)対応へと刷新されています。

各モデルごとの主な違いは、搭載CPUとメモリ(RAM)、ストレージ、そしてバッテリー駆動時間。加えてG5はバッテリー容量の小さな軽量モデルという位置づけのため、上述のように本体重量が大きく軽量化されます。

Dynabook G8 2020
▲パールホワイトモデルの右側面。昨今では少なくなりつつある有線LAN端子(1000BASE-T)も備えます

最上位となるG8は、CPUに『Core i7-10710U』を搭載。これはインテルのモバイルノート向け(TDP15W)CPUとしては現行唯一となる、6コア/12スレッド対応のモデルです。基本クロックは1.1GHz、ターボ時は最高4.7GHz。

合わせてRAMは8GB、ストレージには512GB SSD(PCIe接続/NVMe)を採用します。公称バッテリー駆動時間は最大約18.5時間。

G6は、G8のCPUを『Core i5-10210U』(TDP15W、4コア8スレッド、基本クロック1.6GHz、ターボ時最高4.2GHz)に、ストレージを256GB SSD(シリアルATA接続)へと変更した構成のモデル。バッテリー容量はG8と同じですが、駆動時間はCPUの消費電力差から若干伸びて、約19時間となります。

G5は、本体重量を約779gとした軽量モデル。CPUを『Core i3-10110U』(TDP15W、2コア4スレッド、基本クロック2.1GHz、ターボ時最高4.1GHz)とし、RAMは4GB。ストレージはG6同様の256GB/SATA接続SSDで、バッテリー駆動時間は約9.5時間となります。

最上位には”スペシャルCPU”
i7-10710Uを搭載

Dynabook G8 2020
▲価格.comでの「Core i7-10710U」検索結果。現状では「激レア」と呼んでも過言ではないCPUです

今回最大の注目となるのが、最上位のG8──ひいてはそれに搭載されたCPUであるCore i7-10710U(以下、710U)です。このCPUの搭載がなぜ注目に値するか? それは現時点でインテル製モバイルノートPC向けCPUで唯一の6コア版となるだけでなく、さまざまな理由から採用機種があまりにも少ないため。
現行のインテルCPUの中でも「採用モデルのレア度は”星5″級」と言っても過言ではない存在なの
です。

実はComet Lake系/TDP 15WのCore i7としては、710Uに対して通常版とも呼べる『i7-10510U』(以下、510U)があります。こちらは4コア8スレッドですが、基本クロック1.8GHz/ターボ時最高4.9GHzとクロックは高速。またインテルの参考価格は、710Uが443ドルに対して409ドルと若干安価、という位置づけです。

Dynabook G8 2020
▲対して「Core i7-10″5″10U」の価格.comにおける検索結果は、一気に増加して109件。”7″10Uのレア度の高さが想像できます

710Uは「同じComet Lake版の第10世代i7」である510Uに比べてさえ、極端に搭載機種が非常に少ないのがポイント。例えば価格.comでCPU名検索をしてみると、510Uの搭載モデルが109件に対し、710Uはわずか14件(1月14日現在)という状態です。
710U搭載機は同サイトに未登録のメーカー直販機種もあるのですが、それでも7分の1ほどになるのですから、「大きな差」と表現しても間違いではないでしょう。

710Uの搭載PCがここまで少ない理由としては、筆者がいくつかのPCメーカー技術者から聞いた限りでは、実動時の消費電力や発熱が高めとなるため、PC設計に余裕度が求められる点、さらに加えて、現状では極端な(他のインテル製CPUに輪を掛けて)品薄である、という点などが挙げられます。

こうした事情から、現状では「710Uを搭載したPCをラインアップできること自体が一種のステータス」と言っても過言ではない状態。”スペシャルCPU”と呼んだのは、こうした事情からです。

加えてG8は、710Uを搭載機種としては現状で最軽量モデルであり、予想実売価格も現行のG8からほぼ変化なし(=710U搭載機としては異例なまでに手頃)という点もポイント。実質的な処理能力は6コア化で大きく伸びたため、お買い得度という点でも注目のモデルです。

なお、現行Gシリーズの本体デザインや各種拡張端子、さらに対衝撃性能などはそのまま継承されています。詳細に関しては、下記記事を参照ください。

15.6インチ上位、Tシリーズは
2グレードが刷新​​​​

Dynabook T7 2020
▲dynabook T7(スタイリッシュブルーモデル)。Gシリーズと同じく、外観は現行モデルを引き継ぎます

そのほかのラインナップもご紹介しておきましょう。15.6インチ画面の豪華装備モデルとなるdynabook Tシリーズでは、『dynabook T7』と『dynabook T6』の2グレードが世代交代。発売時期はT7が2月下旬から、T6が「1月24日から順次発売」です。

本体カラーは、T7がリュクスホワイトとスタイリッシュブルーの2色。T6がサテンゴールドの1色。予想価格はそれぞれ19万円台半ば、16万円台半ばの予定(すべてMicrosoft Office Home & Business 2019搭載)。

なお、Tシリーズでも上位となるT9とT8は昨年11月に「15.4インチ級の本体サイズに16.1インチ液晶を搭載した」大画面モデルへと刷新されていますが、T7とT6は15.6インチ画面のバリエーションとなります。なお両モデルとも液晶パネルには、フルHD(1920×1080)解像度のIPSタイプを採用。

Dynabook T7 2020
Dynabook T7 2020
▲T7(スタイリッシュブルーモデル)の拡張端子類。左側面側にUSB Type-Cを搭載します(T6では非搭載)

T7は、CPUにインテルの第10世代『Core i7-10150U』(先述した”5″10Uのほうです)を搭載し、RAMは8GB、ストレージには512GBのSSD(PCIe接続/NVMe)を採用、さらに記録対応のBlu-ray Discドライブと顔認証カメラも備え、Wi-Fi 6にも対応した重装備モデル。

さらに高音質化にも配慮された設計となっており、スピーカーをヒンジ部に埋め込んだ高音質サウンドシステム『Dynamic Wide Sound』を搭載し、USB Type-Cも1基を装備します。

T6は、CPUにインテルの第8世代『Core i7-8550U』と、ストレージに256GB SSD(シリアルATA接続)+DVDスーパーマルチドライブを搭載したハイクラス構成。
ただしT7と比較的価格差があることから、Dynamic Wide SoundやUSB Type-Cが非搭載、Wi-Fiも5(802.11ac)までと、意外な箇所での装備差もあるという位置づけです。

ベーシックホームノート、Xシリーズは
4グレードがモデルチェンジ

Dynabook X6 2020
▲dynabook X7(スタイリッシュブルーモデル)。このグレードのみ、基本的な本体デザインがT7と共通となります

15.6インチ画面のベーシックモデルとなるdynabook Xシリーズは、『dynabook X7』『dynabook X6』『dynabook X5』『dynabook X4』の4グレードが刷新。発売時期はX7のみが2月下旬からで、他は「1月24日から順次発売」となります。

本体カラーは、X7がリュクスホワイト、サテンゴールド、スタイリッシュブルーの3色で、他がサテンゴールドの1色。予想実売価格は、X7が18万円台半ば、X6が15万円台半ば、X5が14万円台半ば、X4は12万円前後です(すべてMicrosoft Office Home & Business 2019搭載)。

X7は、画面に15.6インチのフルHD(1920×1080)のIPS液晶を装備し、CPUにはインテル『Core i7-8565U』、RAM 8GB、ストレージには256GB SSD(PCIe接続/NVMe)+1TB HDDを搭載するモデル。光学ドライブには記録対応のBlu-ray Discドライブを備えます。

また本機種のみ、Tシリーズ上位と同等の高音質サウンドシステム『Dynamic Wide Sound』と、USB Type-C×1基を搭載します。

Dynabook X6 2020
▲dynabook X6(サテンゴールドモデル)。X7以外の3グレードはスピーカーがヒンジ部に非搭載となるなど、本体デザインが異なります

X6は、X7のCPUをインテル『Core i5-8250U』に、ストレージを256GB SSD(シリアルATA接続)のみに、光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブに変更した人気の高い仕様。ただしUSB Type-C端子は非搭載となります。

X5は、X6の仕様から、CPUをインテル『Core i3-8130U』に、RAMを4GBに変更したモデルとなります。

最廉価となるX4は、画面には15.6インチの1366×768液晶を、CPUにはCeleron 3867Uを搭載し、RAM 4GB、ストレージには256GB SSD(シリアルATA接続)を搭載するベーシックモデルです。

このようにdynabookの新モデルは、CPUパワーが大きく強化されたG8を中心に、インテルの第10世代CPUへの刷新を中心とした構成。さらにストレージのSSD化を(家庭用ノートを含め)全機種で達成するなど、昨今の同社が推進する性能の底上げも着実に進めたモデルとなっています。

「軽くて長時間駆動、そして価格もお手頃」に速さも加えた新生G8を中心に、それぞれのジャンルにおいて注目できるラインナップと言えそうです。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

あの人気モデルの私服はやっぱりかわいかった説 #05 マギー(WEBUOMO) – Yahoo!ニュース

集英社の人気女性ファッション誌・バイラ、モア、ノンノで活躍するモデルたちが、オール私服&セルフスタイリングを披 … …