Home モデル AKG、プロフェッショナル・ヘッドフォン初のBluetoothモデル。1.6万円から – AV Watch

AKG、プロフェッショナル・ヘッドフォン初のBluetoothモデル。1.6万円から – AV Watch

48 second read
0
39

K371-BT-Y3(左)、K361-BT-Y3(右)

ヒビノは、AKGブランドの密閉型ワイヤレススタジオヘッドフォンにヒビノ独自の1年保証を加えた3年保証モデル2機種を5月22日より発売する。ラインナップは高品位なパーツを採用した「K371-BT-Y3」とコストパフォーマンスに優れた「K361-BT-Y3」を用意。価格はオープンで市場予想価格はK371-BT-Y3が21,000円前後、K361-BT-Y3が16,000円前後。

AKGプロフェッショナル・ヘッドフォン初のBluetooth接続対応モデル。Bluetooth 5.0準拠で、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFPをサポート。対応コーデックは両モデルともにAAC/SBC、K371-BT-Y3のみUHQにも対応する。

ワイヤレスでの最大連続再生時間はK371-BT-Y3が約40時間、K361-BT-Y3が約24時間で、頻繁な充電は不要としている。有線での接続にも対応しているため、外出先での簡易なモニタリングはワイヤレスで、スタジオでのシビアなモニタリングは有線で行なうなど、状況に応じて使い分けられる。

ハウジング部にはタッチセンサーを搭載し、触れるだけで再生/一時停止、音量調整、曲送り/曲戻し、内蔵マイクロホンによる着信対応などの操作が行なえる。

音質面では、大口径の50mm径ドライバーを搭載し、ヘッドホンとは思えない輪郭のある低域を出力するという。イヤーパッドには、耳の周囲の形状に合わせて自在に変形し、その形状を保持する低反発素材を使用。密閉性が高まり、ドライバーからの出力を余すことなく鼓膜に届けるため、原音の迫力を忠実に再現できるとしている。

再生周波数帯域はK371-BT-Y3が5Hz〜40kHz、K361-BT-Y3が15Hz〜28kHz。K371-BT-Y3はダイヤフラムにチタンコーティングを施し、優れた制動性能を獲得。中高域の再現性能が大幅に向上し、「まるで目の前で演奏を聴いているかのようなリアルなサウンド」を楽しめるとする。

上下左右に稼働するハウジング部と厚みのあるイヤーパッドで側頭部にかかる圧力を分散し、長時間の使用でも快適な着け心地を意地するとしている。耳全体を覆うアラウンドイヤータイプのイヤーパッドと内側にクッション素材を備えたヘッドバンドで、耳への負担や頭頂部への圧迫も軽減するという。また、バンドの長さはスライド式アジャスターで11段階に調節できる。

持ち運ぶことを想定して、ハウジング部はコンパクトな楕円形を採用。180度回転させてヘッドバンド内に収納できる。重量はK371-BT-Y3が294g、K361-BT-Y3が252gと軽量で、携帯時に利用できるケーブル長1.2mのストレートケーブルやAKGのロゴ入りキャリングポーチも付属する。

ケーブルの着脱部分には、K371-BT-Y3はミニXLRを、K361-BT-Y3はバヨネット式ロック機構を採用。両モデルともにケーブルとイヤーパッドの交換が可能で、手軽にメンテナンスできるとしている。

K371-BT-Y3のコネクタ部

K361-BT-Y3のコネクタ部

インピーダンスは32Ω。感度は99dB SPL/mW(1kHz)。ケーブル長約3mのストレートケーブルや標準プラグアダプター(ネジ固定式、金メッキ)、充電用USBケーブルなどが付属する。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ホンダ、今秋登場「オデッセイ」改良モデルに「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」日本初採用 – Car Watch

車両に触れずパワースライドドアを開閉できる「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」を日本初採用  本田 … …