Home モデル Apple Silicon搭載新Macと前モデルのスペックを比較! CPUや駆動時間以外はほぼ同じ – ASCII.jp

Apple Silicon搭載新Macと前モデルのスペックを比較! CPUや駆動時間以外はほぼ同じ – ASCII.jp

2 min read
0
20

独自CPU「M1」で処理性能&バッテリー駆動時間が大幅向上 新Mac特集
第6回

2020年11月11日 08時00分更新

文● 二子/ASCII

 アップル製の独自CPU「Apple M1」を搭載して、新たに登場した13インチMacBook ProとMacBook Air。インテル製CPUを搭載する従来モデルと詳細スペック表で比較した。

見た目は同じMacBookから、どれほどの処理性能やバッテリー駆動時間の差を体験できるだろうか?

本体サイズや重量、ディスプレイ、カラバリなどは共通
CPUやバッテリー駆動時間で圧倒的な違いを感じられる?

 このスペック表からわかるのは、本体サイズや重量、ディスプレイ、カラバリ、バッテリー容量など、基本的なスタイルはほぼそのまま継続されている点だろう。

カラバリも同じ。MacBook Airはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色だ

 一方で新しくなったのは当然ながらCPU。Pro/Airともに「Apple M1」を搭載するが、同じM1でもMacBook Airがファンレスなのに対し、13インチMacBook Proはアクティブ冷却機構を搭載。特に高負荷時でのパフォーマンスには差が出そうだ。

 また、メインメモリーはSoCであるM1の1チップにまとめられたユニファイドメモリアーキテクチャを採用。そのためオプションは16GB(プラス2万円)しか用意されていない。そこで13インチMacBook Proについてはインテル製CPUを搭載し、32GBまでメモリーを拡張できる上位モデルは継続して販売されている。ちなみにMacBook Airの256GB SSDモデルのみ、なぜかGPUが7コアとなっている(ほかはすべて8コア)。これはチップの歩留まり対策なのだろうか?

メインメモリーも含めて、1チップ化されている。そのため選択肢は8GBまたは16GBとなる

 そのほかディスプレイでは、MacBook AirもP3の広色域表示にも新たに対応しているが、外部出力については6Kが1台までとややスペックがダウンしている。ネットワーク面では無線LANがついにWi-Fi 6に対応。ただ今回も、単体でモバイル通信が可能なセルラー版が登場しなかったのは、少し残念なところ。

 注目はやはりバッテリー駆動時間。容量自体は同じなのにも関わらず、スペック上の数値は1.5~2倍伸びている。このあたりは実際に試す必要がありそうだ。

新13インチMacBookは「Mac史上最も長いバッテリー駆動時間」とのこと

 全体的に見ると、共通点が多く、外観的にはあまり区別できないことが想像できる。それだからこそ、CPUの処理性能やバッテリー駆動時間での進化がとにかく大きく感じられるかもしれない。実機でのテストが楽しみと言える。

注文はすでに開始。一番乗りで入手するか、少し待つか。悩みどころだ

価格(税抜) 13万4800円
10万4800円
13万4800円
18万8800円
10万4800円
CPU
(選択)
Apple M1
(8コア)
Apple M1
(8コア)
第8世代
Core i5
1.4GHz
(最大3.9)
(4コア)
第10世代
Core i5
2GHz
(最大3.8)
(4コア)
第10世代
Core i3
1.1GHz
(最大3.2)
(2コア)
    第8世代
Core i7
1.7GHz
(最大4.5)
(4コア)
第10世代
Core i7
2.3GHz
(最大4.1)
(4コア)
第10世代
Core i5
1.1GHz
(最大3.5)
(4コア)
        第10世代
Core i7
1.2GHz
(最大3.6)
(4コア)
メモリ
(選択)
8GB
(Unified)
8GB
(Unified)
8GB
(LPDDR3)
16GB
(LPDDR4X)
8GB
(LPDDR4X)
16GB
(Unified)
16GB
(Unified)
16GB 32GB 16GB
ディス
プレイ
13.3インチ
(16:10)
広色域(P3)
True Tone
13.3インチ
(16:10)
広色域(P3)
True Tone
13.3インチ(16:10)
True Tone
画面解像度 2560×1600 2560×1600 2560×1600 2560×1600
グラフィックス 7コアGPU
(8コアGPU)
8コアGPU Intel Iris Plus Graphics 645 Intel Iris Plus Graphics Intel Iris Plus Graphics
ストレージ
(選択)
256GB 256GB 256GB 512GB 256GB
512GB
/1/2TB
512GB
/1/2TB
512GB
/1/2TB
1/2/4TB 512GB
/1/2TB
無線LAN Wi-Fi 6 Wi-Fi 6 802.11ac 802.11ac 802.11ac
インター
フェース
USB-C
(Thnuderbolt、USB 4)×2、
Bluetooth 5.0、
ヘッドフォン
USB-C
(TB3)×2、
Bluetooth 5.0、
ヘッドフォン
USB-C
(TB3)×4、
Bluetooth 5.0、
ヘッドフォン
USB-C
(TB3)×2、
Bluetooth 5.0、
ヘッドフォン
画面出力 6K×1 6K×1 5K×1
4K×2
6K/5K×1
4K×2
6K/5K×1
4K×2
カメラ 720p
FaceTime
カメラ
720p
FaceTime
カメラ
720p
FaceTime
カメラ
720p
FaceTime
カメラ
キーボード Magic
Keyboard
Magic
Keyboard
Magic
Keyboard
Magic
Keyboard
バッテリー容量 58.2Wh 49.9Wh 58.2Wh 58.0Wh 49.9Wh
駆動時間
(ネット)
最大17時間 最大15時間 最大10時間 最大10時間 最大11時間
駆動時間
(ビデオ)
最大20時間 最大18時間 最大10時間 最大10時間 最大12時間
本体サイズ 304.1
×212.4
×15.6mm
304.1
×212.4
×4.1
~16.1mm
304.1
×212.4
×15.6mm
304.1
×212.4
×4.1
~16.1mm
重量 1.4kg 1.29kg 1.4kg 1.29kg
カラバリ シルバー、スペースグレイ ゴールド、シルバー、スペースグレイ シルバー、スペースグレイ ゴールド、シルバー、スペースグレイ

 

■関連サイト

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

本当に日産ノート? まるで別人なイケメンに! 新旧モデルは何が変わった? – くるまのニュース

日産は、2020年11月24日に新型「ノート」を発表しました。3代目となる新型モデルは、従来モデルと比べてどこ … …