Home モデル arrows3年ぶりのフラッグシップモデル「arrows 5G」発表会 – ケータイ Watch

arrows3年ぶりのフラッグシップモデル「arrows 5G」発表会 – ケータイ Watch

31 second read
0
27

 富士通コネクテッドテクノロジーズは、5G対応Androidスマートフォン「arrows 5G F-51A」を発売した。arrowsシリーズ3年ぶりのフラッグシップモデルで、5Gミリ波対応の日本製スマートフォン。

 約6.7インチの有機ELディスプレイとクアルコムのハイエンドチップセット「Snapdragon 865」を搭載する。アウトカメラは約4800万画素(広角)+約1630万画素(超広角)+約800万画素(望遠)のトリプルカメラで、インカメラは約3200万画素。端末には「Adobe Photoshop Express」がプリインストールされている。

 発表会では同社代表取締役社長の髙田 克美氏をはじめ、関係各社の今後の取組をうかがうことができた。

モジュール化で5G端末の開発を効率化

クアルコムジャパン代表取締役社長 須永 順子氏

 発表会には、クアルコムジャパン代表取締役社長の須永 順子氏も参加。

 ミリ波など新しい周波数帯への対応など、5G端末の開発は非常に複雑になっているという。クアルコムでは、複雑な部品やソフトをモジュール化している。これにより、開発コストの低下や開発期間の短縮ができるという。

 最後に、クアルコムと富士通コネクテッドテクノロジーズが開発したプラットフォームは、arrowsなどのスマートフォンだけでなく、ローカル5Gなどさまざまな技術の基盤になるとの考えを示した。

「早い」「洗える」「放熱する」技術

 最後に、arrows 5Gに搭載された技術を紹介。

「早い」3つの機能

 同機には、やりたいことがすぐに使える「FASTフィンガーランチャー」「FAST App ドライブ」「FAST シェア」の3つの機能がある。

 「FASTフィンガーランチャー」は、指紋認証時に指ごとにアプリを登録しておけば、指紋認証してすぐにそのアプリを起動できる。コード決済アプリなど、頻繁にすぐに使いたいアプリを登録すれば、スムーズに対応できる。

 「FAST App ドライブ」は、一度起動したアプリをシステムに保存しておくことで、使用したいときにすぐにアプリを起動できる。移動時間のゲームなど、中断と再開を繰り替えす場面などで快適に使用できる。

 「FAST シェア」では、一度に多くの端末に写真などをシェアするとき、端末同士をWi-Fi接続することで、QRコードやFelicaで簡単に共有できる。

「洗える」技術力

 arrows 5Gでは、本体をハンドソープで洗えるよう設計している。品質評価試験では、3年間毎日洗うことを想定した試験をしており、イヤホンなどの接続部や温湿度の変化に対する試験も実施している。

「放熱する」ベイパーチャンバー技術

 5G端末では、これまで以上に本体温度が高くなる傾向にあり、放熱についても課題だという。arrows 5Gでは、「ベイパーチャンバー」技術を利用し、放熱効率を向上させた。

 「ベイパーチャンバー」は、薄い金属の部品で中に水が入っている。熱源と冷却部が水で循環させることで、熱をスムーズに排熱している。

 「ベイパーチャンバー」は通常本体に貼り付ける形で搭載する。arrows 5Gでは、本体に「ベイパーチャンバー」の形に沿った穴を開けて搭載している。これにより本体をより薄く設計できたという。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ジープの80周年記念モデル登場! グレーがスタイリッシュでカッコいいゾ(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

2021年に、ジープブランドが、誕生から80周年を迎えるにあたり、すべてのモデルに特別仕様が設定されることにな … …